全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室広島 スペイン語講座エル・カミニト スクールブログ 「ケイスゥケ・...

「ケイスゥケ・オンダ」

ACミランの本田圭佑選手が待望のセリエA初ゴールを決めましたね(*´∀`*)。

ところで「Keisuke Honda」 をスペイン語風に発音すると、「ケイスゥケ・オンダ」になってしまいます。

スペイン語では母音で終わる言葉は、アクセント表記のない場合、最後から二番目の音節にアクセントがかかります。ここではKeisuke のsuとHonda のHonになります。

また、Hは発音しませんので、「本田」は「オンダ」になりますね。イタリア語でも似たような発音ですので、現地の実況で試合を観る機会がありましたら、チェックしてみたらいかがでしょうか。

「ホンダ」といえば車のメーカーの「Honda」もありますね。これもスペイン語圏の国では「オンダ」と発音されています。ほかのメーカーに「Suzuki」がありますが、これは「ススキ」になります。スペイン語には「ザ」行の発音がありませんので「ズ」が「ス」と読まれてしまいます。

さらにスペイン語には「ツ」も「シ」もありません。そこで厄介なのが「Mitsubishi」の発音。これを「ミトゥビスゥイ」や「ミスビチ」と読んでしまう方もいます。

そういえば、地元に松下さんという方が営んでいた電気店がありましたが、その店の看板は「MATUSITA」でした。「ツ」も「シ」もどちらも正しく発音されることはないと悟られていたのでしょうか。

 

(2014年4月9日(水) 17:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島大学へ留学。南米生まれだからこそ分かる文化や慣習の話題まで

スペイン語講座エル・カミニト
山光ディアナ (スペイン語)

広島・本通・八丁堀・袋町・日赤病院前・皆実町六丁目・宇品三丁目・紙屋町西

ブログ記事 ページ先頭へ