全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 スペイン語教室 カフェ・ラティーノ スクールブログ 死者の日 Dí...

死者の日 Día de muertos

もうすぐハロウィンですね。

日本でもハロウィン文化が定着してきて、毎年10月31日周辺の週末は渋谷のスクランブル交差点がかなりクレイジーな感じになっています。

ハロウィンは欧米の英語圏の国から伝わった文化で、スペインやラテンアメリカではあまり普及していないのをご存知でしたか?

メキシコでは、11月1日と2日にDía de Muertos(死者の日) のお祭りが行われます。

「死者の日」と言うとなんか暗そうに聞こえますが、メキシコの死者の日は「死者が帰ってくるよー」という楽しいイベントの日なのです。

国じゅうで、10月中旬ごろから"Pan de muerto"(死者のパン。ドーム型で砂糖のまぶしてある甘いパンで、ホットチョコレートと一緒に食べるとおいしい)やガイコツ型の砂糖菓子が売られ、カラフルでちょっとおちゃめな感じのガイコツのかざりがあちこちに飾られます。

私は死者の日で特に有名なミチョアカン州のモレリアでの死者の日ツアーに参加したことがあります。

11月1日、モレリアで死者の日ムードのガイコツの飾りなどをいっぱい見て楽しんだ後、夜6時ぐらいから墓地ツアーの開始です。2日に死者の魂が帰ってくるということで、1日の夜中じゅうずっと、家族はきれいにデコレーションした死者のお墓のもとに座って帰ってくるのを待つのです。

お墓にたくさん花をそえて、黄色い花びらをかけて、ロウソクを立てて、生前好きだった食べ物を供えたり音楽をかけたりして、寒いなか一晩中じっと待ちます。Patzcualo、Janitzio島、Tzintzuntzanの3箇所にある伝統的な墓地を訪れたんですが、どれも本当にきれいなんです。お墓とは思えない美しさですよ!

死者の日は日本のお盆のようなものですが、国民が楽しみにするような陽気なイベントにしてしまうところ、メキシコ人らしくていいですよね。


ミチョアカンの死者の日ツアーとってもオススメですが、行きたいけどメキシコまではちょっと・・・という方に朗報!

東京ディズニーシーではこの時期、メキシコの死者の日祭りをモチーフにしたデコレーションやイベントを見ることができます!

けっこう忠実に再現されていて、この時期のメキシコのお祭り気分を味わえますよ♪

死者の日 Día de muertos死者の日 Día de muertos

(2013年10月24日(木) 15:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スペイン大使賞も受賞した通訳案内士!ラテン風関西人の先生が明るく指導

ブログ記事 ページ先頭へ