全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 スペイン語教室 カフェ・ラティーノ スクールブログ DELE試験を...

DELE試験を受けよう!

スペイン語学習者のみなさん、DELE試験の受験申し込みはされましたか?

DELEとは、スペイン文部省認定の "Diplomas de Español como Lengua Española (外国語としてのスペイン語検定試験)" のことです。

日本語との通訳翻訳が含まれていて日本国内のみで通用するスペイン語検定とは違い、こちらは世界100カ国以上で実施されている、世界で通用する資格といえます。

有効期限がないので、1回合格してしまえば一生ものです。

初級のA1から超上級のC2まで6レベルあるのですが、このA1→C2というレベルの組み方は、DELEに限らず、ヨーロッパ言語共通で定められているレベルの分け方なんです。

つまり、スペイン語に全く関係のないフランス人やドイツ人にでも、「私スペイン語C2レベル持ってるのよ」と言えば、この人スペイン語ペラペラなんだと、わかってもらえるわけです。

そんなDELE、読む・書く・聴く・話すという幅広い能力が余すところなく試される場となっていて、上級の試験を受けると朝から夕方まで拘束され、スペイン語漬けの1日となります。

スペインの試験だから、南米に行きたい私には関係ないわというのは間違いで、ちゃんと中南米スペイン語にも対応してあるんです。

リスニングでは、スペインだけではなく中南米各国の特徴のあるアクセントを持った話者が話す会話を聞き取らなければなりません。

私は初めて受験した時、聞き慣れないアルゼンチンなまりが聞き取れず苦労しました。

スペインの言語も、メキシコの言語も、アルゼンチンの言語も、すべてひっくるめてスペイン語ですから、その言語の能力を試す手段として、とてもよく考えられて作られた検定試験だと思います。

一度受けてみることで、自分に足りないのは文法力か、読解力か、リスニング力か、はたまた会話力なのかというのがすぐにわかりますので、ぜひ受けてみることをおすすめします。

どのレベルを受けるかはご相談くださいね。

今年の11月試験を受験されない方は、次回は来年の5月です。
それを目指してこれから半年がんばろう!というのもモチベーションにつながっていいですね!


私のレッスンでは、DELEを受験される方には過去問を使ってトレーニングします。

お気軽にご相談ください♪

 

(2013年10月14日(月) 20:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スペイン大使賞も受賞した通訳案内士!ラテン風関西人の先生が明るく指導

ブログ記事 ページ先頭へ