全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 オラオラスペイン語 スクールブログ とっても有名な...

とっても有名なフライパン♪

スペインと聞いてイメージするものはいっぱいあるでしょう????
その中でもレギュラーといえば、やっぱりパエリアですよねーーーー!!!
僕も大好きで、食わず嫌い王にもしも出演依頼がきたら選びます(笑)

さあ、そのパエリアですが、周知の通りスペイン東部のバレンシア発祥の料理ですね。
そのパエリア、もともとはカタルーニャ語でフライパンという意味なんです。今でもそうです。
現代カスティーリャ語ではla sarténですね。
現在では料理名が有名になったので、パエリア用のフライパンはパエリェラ(paellera)と呼ばれています。

もう日本でもよく知られているのでいわずもがなだと思いますが、肉や野菜・魚介類を使った米料理ですよね。
日本では魚介類を使ったものがけっこう知られていますが、元祖バレンシア風はウサギ肉(もしくは鶏肉やカモ肉)と野菜(パプリカ、インゲン豆)が入った山の幸が中心。
さらに伝統的なレシピにはカタツムリが入るそう。

すでに15,6世紀にはアルブフェラ(バレンシアの南にある米所)で食べられていたとされており、19世紀にアリカンテ(アルフフェラからもっと南の町)のレストランで出され始めてからスペイン全土に広がったそう。

バレンシア外に出るとたくさんのバリエーションレシピが作られ、カタルーニャ州では米の代わりにフィデオと呼ばれるパスタを使ったフィデウアというパエリアもあるんです。
うまかったです(^^)

いろんなバリエーションはあるもののすべてのレシピで絶対使われるのは
・オリーブオイル
・サフラン
・パプリカ
・米(フィデウア以外)
の4つなので、それ以外はみんな好きなものをなんでも入れちゃってくださーーーーい☆

僕も今日はパエリアにします(笑)
それではみなさんbuen provecho♪

とっても有名なフライパン♪

(2013年6月23日(日) 19:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

毎年のスペイン旅行は欠かせない!サッカー好きの方にもおすすめ

オラオラスペイン語
泊直樹 (スペイン語)

東京・新橋・品川・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・西日暮里・日...

ブログ記事 ページ先頭へ