全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 オラオラスペイン語 スクールブログ 2009年 バ...

2009年 バカンス3

3日目はアルハンブラ宮殿を訪れにグラナダへ。
またまた朝早く電車に乗って出発。
駅でかわいい女の子がいたので話しかけてみて、電車来るまで話して素敵な朝の時間つぶし☆

そんなこんなでグラナダに到着し、バスで観光中心地に向かう。
そのバスの中で今度はおじいちゃんに話しかけられて、早口でしかもごもごもしゃべるからほとんどわからん。。。

まあでもいいおじいちゃんで、降りるときに「運転手さん、この日本人は今からアルハンブラ宮殿にいくんやって。せやからここで降ろしてやって!」って言ってくれた。
じいちゃんありがたいけど、黙っててもここで降りるから大丈夫やで♪
でもそのへんのいい意味での強引さがスペイン人だなあっと思った(^^;)

んで宮殿まで行くとすごい人だかり(^^;)
予約表をもって機械でチェックインみたいのをやると、お姉さんに「2時にその入り口のとこに来てね」と言われた。

でもとりあえずすごい人やから15分前ぐらいから列に並んでみた、が全然進まない。
5分前ぐらいになっても入り口まで近づけそうになかったから近くにいる係りのお姉さん呼んで聞いてみたら怒られた・・・「なにやってるの、あと5分しかないじゃないの!こっちきて!」

んで入り口でチケット見せたらすぐ通された。
なにやらその入り口じゃなくてナスル朝宮殿の入り口に行かなくてはダメだったらしかった。
でもチェックイン(?)のときにここって言われたけどって向こうのせいにしてみたけど「ちがうの、あっちなの。走らないと間に合わないよー」ってかわされた。結局こっちのせいみたいやんか(笑)

んでナスル朝宮殿前着きました。
結局2時過ぎてたけどめっちゃ長い列がまだあってそれから入ったのはさらに10分以上たってから。ま、そのへんはイタリアと一緒なのね(^^;)

列の前にイタリア人家族がいて、お父さんがやたら建築が好きみたいでお母さんと娘さんに説明してたけど、女二人はどうでもいい感じ。
イタリア人やったから話しかけてみたら、お父さん今度は僕に向かって説明しだした。。。
僕も好きやからいいねんけど、ちょっと説明が細かすぎて長すぎる。
そりゃ女衆は飽きるわなあ!!ということで写真撮るわーってことでお父さんを距離を取り、逃げた(^^;)
建築の専門的なことはわからんからなんて表現したらいいのかわからんけど、とにかく圧倒されるすばらしさやった。

宮殿を堪能したあと、街に戻りカテドラルを訪れるともうそろそろセビーリャに帰らないといけない時間。
その前にアラブ街でお土産を探してみる。
グラナダで有名なもののひとつにグラナダ焼きという陶器がある。

グラナダとはスペイン語で「ざくろ」を意味するらしくて、このざくろが青とうす緑で描かれているものが主流なのだそう。
しかし、たまたま緑で書かれたコーヒーカップがあってそれがとても気に入り、せっかくなら二つほしいからもう一個ないかとおばちゃんに聞いたら、一生懸命探してくれたけどなかったみたい。
話を聞くとその色とデザインは現在のものよりも古くて、まさにグラナダ焼きのルーツらしい。僕が買ったものが最後でもう入ってこないらしい。やっぱりもう一個ほしかったなあ(^^;)

グラナダはセビーリャから日帰りで行くにはちょっと遠かったのでしかたなかったけど、アルハンブラ宮殿を一望できるアルバイシンや洞窟博物館にも行ってみたかったなあ!!でもアルハンブラに行けただけでも十分満足でした♪

次回はシェリーの試飲にヘレス デ フロンテラに行くぜよー!

2009年 バカンス32009年 バカンス3

(2013年5月22日(水) 4:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

毎年のスペイン旅行は欠かせない!サッカー好きの方にもおすすめ

オラオラスペイン語
泊直樹 (スペイン語)

東京・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・上野・秋葉原・有楽町・飯...

ブログ記事 ページ先頭へ