全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 楽しいスペイン語 スクールブログ 「私」を表現す...

「私」を表現するとしたら・・・

<特派員時代のエピソードから>
 スペイン、ポルトガルによる征服の歴史と明るい太陽のもとで、日本的な奥ゆかしさとか謙譲の美徳などは育たなかったのでしょう。
 ちなみに、サラを落として割ってしまったとき、日本人だったらとっさに「スミマセン」と口から出てくるでしょう。丁寧な人は更に「私の責任です」などと追加するでしょう。それが日本人の美徳なのです。

でも、この美徳はラテン・アメリカでは必ずしも通用しません。こちらでは「セ・メ・カヨ・エル・プラト(皿が落ちてしまった)」と表現し、簡単に“自分の責任です”などというお人よしはいないのです。

 一方、日本語には名詞に「性」が無いどころか、複数形もありません。動詞も人称、単数・複数によっても変化しません。半面、同意語、同義語が多いことや尊敬語、丁寧語、謙譲語のややこしい区別があります。
 ちなみに、私、我、俺、僕、私、わたくし、ウチ、手前・・・と同じ自らを表現するのに、実に多くの用語が使われますよね。これらは、スペイン語なら「Yo」、英語なら[「I」の一語なんです。

 こうした言葉の違いが、思考形態、行動の違いを生み出してもいるのでしょう。

 

(2011年11月7日(月) 21:25)

前の記事

この記事を書いたコーチ

新聞特派員として40カ国巡訪!留学アドバイスも行う逸話満載のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ