全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 楽しいスペイン語 スクールブログ スペイン語あれ...

スペイン語あれこれ


これからしばらく現役時代の特派員時代のエピソードからスペイン語に関するものをご紹介していきます。

 特派員という仕事柄、駐在しているパナマからラテン・アメリカの他の国に電話をかける機会は頻繁にありました。その都度「ああ、またか」と思いつつ交換手とやり取りをしなければならないのが自分の名前の確認でした。
「だからサ、綴りは エセ アチェ イ エメ イ セタ ウ・・・」
これはSHIMIZUの一字一字をスペイン語読みにしたものです。
 そもそも、「清水」などという姓は、ラテン・アメリカでは最も発音しにくく覚えにくい姓のようです。これは「SHI」という発音がスペイン語のないこと、また「イ」「ウ」の閉母音が続くからです。
 これに対して「中川」(NAKAGAWA)など、すべて「ア」つまり開母音が連なる姓は、同じ日本人名でもまだ発音しやすく覚えられやすい。ずいぶん煩わしい感もしますが、日本でも「伊藤」と「伊東」と同じ発音でも文字が違うことを考えてみれば、止むを得ないことかもしれません。

 こうした電話の応答、日常会話を通してぶつかった日本語とスペイン語の対比について少しだけ触れてみましょう。なぜなら、言語の対比には、必然的に文化の対比また生活慣習、伝統の対比が映り出ているからです。

 

(2011年11月7日(月) 21:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞特派員として40カ国巡訪!留学アドバイスも行う逸話満載のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ