全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 Pepeのスペイン語教室 スクールブログ uno!!

uno!!

uno:スペイン語で数字の「1」を意味し、読み方は「ウノ」です。

皆様、こんにちは。

今回は、私が担当させていただくレッスンを「Pepeのスペイン語教室」と名付けたきっかけについて簡単にお話させていただきます。

私は大学を卒業後、スペインのサラマンカという街に二年間留学しました。

語学学校に通う傍ら、カスティージャ・イ・レオン地方の地域リーグ(5部に相当)に属するサッカーチームでプレーをしていました。当初は練習生としての契約だったので公式戦に出場することは出来ませんでしたが、二ヶ月後に正式に選手として契約を交わしました。

デビュー戦での出来事です。

ベンチスタートだった私は、1-1残り時間3分のところで監督から呼ばれ、交代でグランドに立ちました。

すると、観客席から「バモース!! ぺぺー!!」という声が聞こえてきました。

日本語だと「がんばれー!! ぺぺー!!」という意味です。

それを聞いた私の頭の中には「?マーク」が20個くらい浮かびましたが、出場時間3分のデビュー戦は無事に終了。

シャワーを浴び、チームのバスが待つ駐車場でサポーターに「バモース!! ペペー!!」の真意を聞いたところ、

「だって誰も名前を知らないんだもん!!」

と言われました。

それ以来、チームメイトも私のことをふざけて「Pepe」と呼ぶようになりました。

チームにはモロッコ人とコロンビア人の選手が一人ずつ所属しており、私を含めると三人の外国籍の選手がいました。

日本語を話す選手やスタッフは誰一人おらず、入団当初はコミュニケーションを取るのが非常に大変でしたが、デビュー戦で「Pepe」と呼ばれたことをはじめとし、良い意味でチーム内のいじられ役になったことが、私にとっては良い方向に働いたのではないかと思います。

現地の新聞に「Pepe」と掲載されたこともあり、徐々に自分でも気に入るようになってきました。

スペインで経験したことは多々ありますが、最もおもしろかったことの一つが「Pepe」と名付けたスペイン人のユーモアな心です。


オワリ


Pepe

uno!!

(2011年3月14日(月) 15:20)

前の記事

この記事を書いたコーチ

サッカー界で、通訳者として活躍中!

ブログ記事 ページ先頭へ