サイタ語学の習い事スペイン語教室東京 楽しいスペイン語 スクールブログ 「東京のドン・...

「東京のドン・キホーテ」の由来

私は自称「東京のドン・キホーテ」を名乗っています。
なぜ私がドン・キホーテなのか。
それは今から半世紀以上も前のことになります。
小学校6年のときの学芸会で「ドン・キホーテ」の劇をすることになり、私がドン・キホーテの家来サンチョ・パンサを演じたのです。
以来、その奇想天外の物語に魅せられて少年版の本を、大人になってからは翻訳物の全巻を、またスペイン語がわかるようになると、今度は専門の先生について原書にも取り組んだのです。
さらに松本幸四郎がドン・キホーテを演ずるミュージカル「ラ・マンチャの男」の舞台を3回も見に出かけたものでした。
皆さんもお読みになったか、舞台をご覧になったことがありますか?

遠くに見える風車を悪魔の巨人と考えたドン・キホーテが馬にまたがり槍を持って突進する話は、余りにも有名ですね。
正義を求め、強きをくじき弱きを助け「見果てぬ夢」を追いかけていく――そのドン・キホーテの生き方に魅せられて、私も定年になると自らを「東京のドン・キホーテ」として勝手に名乗り、世界文学紀行「名作の舞台を訪ねて」と“見果てぬ夢”に向かって各国を旅している次第です。

物語の中のドン・キホーテは槍を掲げ、愛馬ロシナンテに乗っています。
現在の東京のドン・キホーテは、槍の代わりにカメラを持ち、馬の代わりに飛行機にまたがっての世界漫遊をしている次第です


 

(2010年11月21日(日) 14:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞特派員として40カ国巡訪!留学アドバイスも行う逸話満載のレッスン

新着記事

<特派員時代のエピソードから>  スペイン、ポルトガルによる征服の歴史と明るい太陽のもとで、日本的な奥ゆかしさとか謙譲の美徳などは育たなかったのでしょう。  ちなみに、サラを落として割ってしまったとき、日本人だったらとっさに「スミマセン」と口から出てくるでしょう。丁寧な人は更に「私の責任で...

<特派員時代のエピソードから>  一口に言って、スペイン語は日本人にとって英語より発音しやすいと言えるでしょう。それは(多分に例外もありますが)、スペイン語の場合「アイウエオ」の母音が日本語と同じで、綴り字をそのままローマ字読みにすれば、仮に発音の原則を知らなくてもほぼ通ずるからです。  ...

これからしばらく現役時代の特派員時代のエピソードからスペイン語に関するものをご紹介していきます。  特派員という仕事柄、駐在しているパナマからラテン・アメリカの他の国に電話をかける機会は頻繁にありました。その都度「ああ、またか」と思いつつ交換手とやり取りをしなければならないのが自分の...

私は自称「東京のドン・キホーテ」を名乗っています。 なぜ私がドン・キホーテなのか。 それは今から半世紀以上も前のことになります。 小学校6年のときの学芸会で「ドン・キホーテ」の劇をすることになり、私がドン・キホーテの家来サンチョ・パンサを演じたのです。 以来、その奇想天外の物語に魅せら...

この「世界文学紀行」といえば、5年前に、出版400周年となった「ドン・キホーテ」から始まりました。紀行文は郷里の信濃毎日新聞に連載され、それはセルバンテスの生まれたスペインのアルカラ市の新聞にもスペイン語で掲載されました。 続いて「風と共に去りぬ」の舞台アトランタとニューオーリンズへ、200...

ブログ記事 ページ先頭へ