全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室東京 楽しいスペイン語 スクールブログ 世界文学紀行

世界文学紀行

この「世界文学紀行」といえば、5年前に、出版400周年となった「ドン・キホーテ」から始まりました。紀行文は郷里の信濃毎日新聞に連載され、それはセルバンテスの生まれたスペインのアルカラ市の新聞にもスペイン語で掲載されました。
続いて「風と共に去りぬ」の舞台アトランタとニューオーリンズへ、2008年には出版100周年となった「赤毛のアン」の舞台・カナダのプリンス・エドワード島を訪ねました。
 そして昨年は「ロミオとジュリエット」や「ベニスの商人」のイタリア、今年は「ハムレット」の舞台デンマークとゲーテやヘッセ、それにアンデルセンやグリム兄弟の童話の舞台を訪れました。
この後は、ユゴーの「レ・ミゼラブル」のフランス、トルストイの「戦争と平和」、ドストエフスキーの「罪と罰」のロシア、「三国志」の中国等々・・・どれも青春時代に胸躍らせた、また大人になって人生を深めさせてくれた作品です。

「定年後はHavingでなくBeingが大事」だと言われています。財産や貯金を持っていること<Having>も大事ですが、今、何をやっているか<Being>が問題。財布にいくら入っているかが問題ではない。心にどんな夢を描いているかが問題だというのです。夢が、志が人を作る。大きな夢と志は大きな人生を作るのです。

 

(2010年11月21日(日) 14:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞特派員として40カ国巡訪!留学アドバイスも行う逸話満載のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ