趣味の習い事手話講座東京 どこでも手話教室 久川洋子コーチへインタビュー

久川洋子コーチへインタビュー

Q1手話初心者へメッセージをお願いします!

どこでも手話教室

私が初めて手話のサークルに参加した時、そこは異国の地のようでした。
私以外の皆が手話で会話し、自分だけが話題について行けず、おいていかれてる・・・。
数ヶ月間、そういった状態が続きました。

ですから、手話が分からない、覚えられない気持ちは痛いほど分かります。

私の場合、「聴覚障害者と手話で会話したい!」という強い気持ちと、負けず嫌いな性格で、根気よく1単語1単語覚えた結果、ろう者との会話が、聴者(聴覚に障害のない人)のそれと変わらない形できるまでになりました。

手話は言語です。

誰だって最初からスムーズにいくはずはないですし、なかなか覚えられない自分にもどかしくなる時もあります。

ですから、繰り返し繰り返し何度も触れ、実生活で使用することで、徐々に身についていきます。これは、英語の習得と同じですね。

ですが、聴覚障害者とコミュニケーションする上でより重要なことは、手話単語をより多く覚えるということ以上に、「コミュニケーションしたい!」という気持ちを強く持ち、伝えようとすること・分かろうとすることです。

例えば、全く言語の異なる地域に放り込まれて、何とか泊まるホテルを探したい時・・・
あなたは、自分の持ちうる力のすべてを発揮して、その地域の言語になんてとらわれずに、相手とコミュニケーションしようとするのではないでしょうか?

それと同じことで、聴覚に障害のある方とコミュニケーションしようとする時も、あなたの表情や筆談、ジェスチャーが大きく役に立つのです。

ですから、これから手話を始めてみたいと思っていらっしゃる方。
私と一緒に、日本語以外の手段で伝えられること、また、相手の言うことが分かること、この素晴らしさをつかみにいきませんか?

全国手話通訳者統一試験、手話通訳士、この2つの試験に合格した実績から、これから試験を受験するという方にも、お役に立てるのではないかと思います。

お子さん連れの方も大歓迎!講師自宅にて、お子さんを遊ばせながら気楽に始めてみませんか?




手話講座 無料体験レッスン

手話初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
久川洋子 先生
担当:久川洋子 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる