趣味の習い事手話講座レッスンノート もし自分だったら…

もし自分だったら…

手話講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

過去に手話の学習経験があるとのことでしたので筆談はほとんど使いませんでしたね。
指文字もうる覚えではありますが、少し覚えているだけでも会話量は格段に違うと思います。たくさんおしゃべりができて良かったです。

頭に0を乗せると「未経験」「知識がない」といった意味があります。
「教える」という表現にもシチュエーションによって意味合いが異なることを話しましたね。
お酒の手話はダジャレ的な表現が多いということも楽しみながら覚えていきました!


そうしたあまり使わない表現を会話の中に散りばめ、新しい表現を少しずつ覚えて?見貯めていくと、少しずつ会話ができてくると思います!
生まれたばかりの赤ちゃんのように!

絵本の中の動詞も、手話表現にすると意外と絵のまんまということがわかったと思います。今は身振りも織り交ぜることで表現力が上がっていくと思います!

もし自分が同じシチュエーションになったら…と考えると手話や身振りが出やすくなります。そして相手に伝わりやすい表現になります。とにかく真似ることが慣れの秘訣?かと思います!

僕も頑張ります!笑
このレッスンノートを書いたコーチ

手話を初めて学ぶ人でも大丈夫!聴覚障害を持つ子どもの保護者支援も

ようたの初学者向け手話教室
瀧尾陽太 (手話)

渋谷・新宿・池袋・溝の口・長津田・中央林間・三軒茶屋・駒沢大学・二子玉川・鷺沼・たま...

レッスンノート ページ先頭へ

手話情報

サイタの手話講師がブログを通して、手話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!