全国5万人が受講している「サイタ」

手話講座・教室

手話講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手話講座神奈川 ようたの初学者向け手話教室 スクールブログ 日本語と手話は...

日本語と手話は別?

はじめまして。
初のブログ投稿になります!


今日は、レッスンで感じたことの中で特に印象的だったことについて!

手話の本など見ると、単語と手話表現が一対一で書かれているので、もしかしたら「この手話表現=この日本語」と覚えている方もいるかもしれません。でも実は、一つの手話表現には色々な日本語の意味が含まれています。

英語の interesting も「面白い」という日本語だけでなく、他の意味もありますよね。一つの意味だけを覚えるだけでは、実践(実際にネイティブの方と会話するとき)で通用しないこともあります。

ですので、本レッスンでは、単語の意味をすぐに伝えることはしません(まわりくどいと思われる方・・・ごめんなさい)。何となく「こんな意味か・・・?」「こういう状況のときに使うのか・・・?」と大まかなニュアンスで感じ取ってもらえるよう、いろいろな例文を示します。

こうして覚えた手話表現は、一つの意味だけでなく、いろいろな使い方・意味をニュアンスで覚えることができます。頭の中に逐一、日本語の単語を思い浮かべないこと。これが手話の勉強では必要ではないでしょうか(あくまでもお喋りするための手話の勉強です)。

僕はこんな考え方をもって手話を勉強したいと思います。
共感した!人は是非、本スクールへお越しくださいね!
待ってます!

 

(2015年12月26日(土) 15:08)

次の記事

この記事を書いたコーチ

手話を初めて学ぶ人でも大丈夫!聴覚障害を持つ子どもの保護者支援も

ようたの初学者向け手話教室
瀬尾陽大 (手話)

渋谷・新宿・池袋・溝の口・長津田・中央林間・三軒茶屋・駒沢大学・二子玉川・鷺沼・たま...

ブログ記事 ページ先頭へ