全国5万人が受講している「サイタ」

手話講座・教室

手話講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手話講座愛知 哲也の日本手話レッスン スクールブログ 救命講習の通訳

救命講習の通訳

皆さんこんにちは〜!
先日、私の住んでいるとこで、聴覚障がい者と一緒の救命講習会があり、そこへ通訳に出掛けてきました。

地域ろうあ協会主催で行われた講習で、消防隊員と講師さんを招いて、聴者グループと聾者グループ2つに分かれ講習…

DVDを観ながら、助けを求めている人を人形を使いながら、胸骨の位置、圧迫の仕方、胸骨圧迫模範、そして皆さんに練習をして頂く。

聴者と進行は同じくしていたのですが、ろう者の方々の腕や手の形や向きなどはいいのですが、やはり肩から腕、手までの力の入れ具合や、肘を伸ばし体重を乗せて圧迫する事がなかなか難しい様でした。

胸骨圧迫の次に、心肺蘇生法…
先ずは意識有無の確認。口内の異物除去、気道確保。
そして口から空気を送る。

肺に空気を送り込むのがなかなか空気が入らず、何度も挑戦しておりました。

それから、自動体外式除細動器【AED】の使用法。

これは使った事がある人や扱った事がある人はご存知だと思いますが、光と音声で案内ガイダンスがあります。

これは、聴覚障がいの方々には、聴こえないためどの様な手順で従っていけばいいのか分かりません。

手順としては。
・AEDバッグを開き、パットをイラスト記載の通りの心臓を挟んで部位に貼り付ける。
・身体に触れず離れて、バイタルチェック。
・心配停止確認。
・電気充填し、少し離れてショックボタンを押し電気ショック。
と言うような流れで、全てに音声ガイダンスが流れる、聴者は音声に従って出来るが、これはろう者ではどうするのでしょう…

取扱説明書があったとしても、緊急時に人間は即座に扱えるものでしょうか…
やはり頻繁に人は倒れてはいません。
いざという時には聴者も手が震えて、上手くは取り扱えないと思います。

これはどうしても、周囲の人間の協力が必要不可欠なため、このAED取り扱いはろう者は手順だけを覚えてもらい、聴者と協力する形でした。

緊急な時に、皆さんは対応出来ますか?
近年、東海地方にも南海トラフ地震が迫っています、その為にも、自助、共助、公助が命を助けます。
是非、皆さんの近所にも、聴覚障がい者や老人性難聴
の方達がいらっしゃり、日本には約350,000人強がいるといわれていますのでその方達と近所との絆を強めて、助け合える社会を作っていかなければと思う今日この頃です。

救命講習の通訳

(2015年10月20日(火) 13:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元ディズニーの手話ガイド。手話ソングから本格的な接客までサポート!

哲也の日本手話レッスン
曽我哲也 (手話)

名古屋・金山・千種・大曽根・刈谷・稲沢・国府宮・栄・上小田井・伏見・今池・池下・本山...

ブログ記事 ページ先頭へ