サイタ趣味の習い事手話講座東京 どこでも手話教室 スクールブログ 手話の習得まで...

手話の習得まで(1)

①言語感覚に関するセンス

これは、英語で言うところの「聞き取る力があるか」ということと、「日本語を英語に変換するスピードが速いか」ということになると思います。
手話に置き換えると、「手話を捉える」と、「手話で表現する」ということです。

どちらも、持って生まれたセンスがその習得スピードに大きく関わることは想像に難くないと思います。

しかし、センスがないからといって手話が習得できないかというと、そうではないところが手話の良いところです。

まず、「手話を捉える」ということについて。

相手が表現する手話、最初は本当に目にとまらないです。
分からなすぎて、目が回ってしまうかもしれません。

しかし、同じ表現を1度見て分からなくても、2度目はなんとなく見えて、3度目はだいたい分かり、4回目には「なるほど!」という感覚が訪れます。

これを、100回も1000回も繰り返すことで、目と脳が鍛えられ、自然に手話を捉えられる目になっていきます。

次に、「手話で表現する」ということについて。

目で捉えられたのなら、あとは自分の手を動かすだけ!

なのですが、これも最初は簡単にはいかないかもしれません。

手話は左右があるので、コーチである私が手本を示したら、それを見て反転させて、私と逆になるように手を動かさなければならないのです。
これに慣れるのに少し時間がかかります。

これのコツがつかめれば、一歩前進!
手話に使う手の動きは無限にあるわけではありませんから、色々な単語を学ぶうちに単語の出し方にも手が慣れます。

つまり、これら「手話を捉える」練習と「手話で表現する」練習を繰り返すことで、手話に関する言語感覚はいくらでも磨けるということなのです。

体験レッスン中に行う自己紹介の練習でも、そのことは実感していただけると思います。
たった15分くらいの練習で、自分の手話のセンスが磨かれたことを実感できるのですから、それを続けて行けば・・・!





 

(2014年1月20日(月) 23:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小学校で指導も。ゼロ~手話通訳士など試験対策までじっくりサポート

新着記事

③手話を実際に使う頻度 手話は言語ですから、机上で単語を暗記するようなやり方では、「話せる」ようにはなりません。 覚えたものは、とにかく実際に活用して、初めて本当に身につくと言えます。 例えば、指文字。 指文字表を手元に、あ・い・う・え・お・か・き・く・け・こ・・・と5...

「どれくらい勉強すれば手話が話せるようになりますか?」という質問をいただいたことをきっかけに、手話の習得過程についていくつかの観点から考えていく記事の2回目です。 ②手話に触れる頻度 言うまでもないとは思うのですが、手話には触れれば触れるほどその習得期間は短いです。 3年間中...

Cytaのホームページ上でも告知されていますが、1月31日までの期間限定で、入会金が無料になるキャンペーンを実施しています。 運が良ければ、1年分のレッスン代も無料になるかも?! 年始の慌ただしさが一段落した頃ですから、手話に興味がある方は、是非一度体験レッスンを受けて見てください。 ...

①言語感覚に関するセンス これは、英語で言うところの「聞き取る力があるか」ということと、「日本語を英語に変換するスピードが速いか」ということになると思います。 手話に置き換えると、「手話を捉える」と、「手話で表現する」ということです。 どちらも、持って生まれたセンスがその習得スピ...

先日体験レッスンを行いました。 その中で生徒さんより「どれくらい勉強すれば手話が話せるようになりますか?」とのご質問を受けました。 確かにこれは皆さんが気になることですよね。 ゴールが見えないということは不安にもなるし、どこまで頑張ればいいのか目標が定まりにくくもなります。 ...

ブログ記事 ページ先頭へ