全国5万人が受講している「サイタ」

手話講座・教室

手話講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手話講座東京 どこでも手話教室 スクールブログ 手話を学ぶメリ...

手話を学ぶメリット③

手話を学ぶメリットについて、前回までは、2つの観点から詳しく書きました。
今回は、3つ目の観点です。


③日本語を再考するきっかけができる

手話を学ぶ時、まずは、日頃使っている日本語をどのように手話に変換するか、ということに取り組みます。

ここで、「一緒」という単語について考えたいと思います。

「今日は友達と一緒に食事した。」

「あの雑誌と一緒の洋服を買った。」

上記の例文では、共に「一緒」という単語が出てきますが、その意味は異なりますよね。

ご覧の通り、この「一緒」は、字面は同じでも、2つの意味があります。
1つは、「誰かと一緒」という意味。
もう1つは、「何かと同じ」という意味。

日本語の音は同じでも意味が違うので、手話では異なる表現を用います。

前者の例文の「一緒」は、手話に変換した際に「一緒」という意味を持つ形の手話で表現します。
後者の例文の「一緒」は、「同じ」という意味をもつ形の手話で表現します。

このように、普段は意識せずに使っている日本語も、手話で表現するとなると、その意味合いや語感をしっかりと考えるようになります。

新聞や雑誌を読んでいても、「これは手話だとどう表現するのかな・・・?」と考えることが増えます。
ですから、手話を学ぶことで日本語の語彙に敏感になり、慣れ親しんだはずの日本語を見直す良い機会になりますよ。

 

(2013年10月23日(水) 22:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小学校で指導も。ゼロ~手話通訳士など試験対策までじっくりサポート

どこでも手話教室
久川洋子 (手話)

東松戸・市川・下総中山・金町・松戸・北松戸・習志野・矢切・北国分

ブログ記事 ページ先頭へ