全国5万人が受講している「サイタ」

手話講座・教室

手話講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手話講座東京 どこでも手話教室 スクールブログ レッスンの価値...

レッスンの価値と意義

書店には、選べないくらいたくさんの手話の本が並べられています。

写真付きのものや、かわいいイラスト解説のもの、有名人監修のもの等々。

そんなに書籍が充実しているのなら、それらの書籍を使って独学で手話を学べば良いのでは?

と思われるかもしれません。

実際に私も、大学で手話サークルに入る以前は、手話の単語帳で独学で学んだことがあります。それは1カ月ほどでしょうか。

しかし、いざ手話サークルに入ってみると、「今まで私が本と向かい合って得てきたものは何だったんだ・・・」という衝撃がありました。
私が1カ月で得たものは、そのサークル1回分よりも薄っぺらいものだったと思います。

英語を身につける場合、「とにかくしゃべること!使うこと!」とはよく言われますよね。

手話もそれと同じで、とにかく実際に手話に触れることが身につける近道なのです。

後に詳しく書きますが、手話も英語と同じ「言語」であることにも、その理由があると思います。

書籍を用いての独学は、いつでもどこでもできるというメリットがありますが、以下のようなデメリットもあることを知っておく必要があります。

①手話は動きのある言語ですから、紙の上では正確な動きや方向が分かりにくく、曖昧なままで自己流を覚えるしかありません。

②相手がいませんから、双方向コミュニケーションは成り立ちません。

③分からない時に「分からない」と言える相手がいないため、疑問が解消されないままになります。

④自分の手話が合っているのか、本当に伝わっているのか、確かめる術がありません。

⑤独学でどこまで力が付いたのか、上達したのかが見えにくくなります。


これらのデメリットがあることを考えると、少しでも手話を身につけたいとお考えの方は、レッスンを受講なさることをお勧めします。

私のレッスンでは、分からないことは分かるまで繰り返しお伝えします!

疑問・質問は、とことん解決の道を開きます!

また、お手持ちの書籍がある方は、その書籍に沿ってのレッスンを行うこともできます。

あなたの興味・関心に応じて、私の自作教材をアレンジしてのレッスンも可能です。

レッスン内容はあなた次第でいくらでも変えられますので、あなたにぴったりの、対面レッスンでしか出来ない講座をご提供したいと思っています。



 

(2013年10月20日(日) 0:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小学校で指導も。ゼロ~手話通訳士など試験対策までじっくりサポート

どこでも手話教室
久川洋子 (手話)

東松戸・市川・下総中山・金町・松戸・北松戸・習志野・矢切・北国分

ブログ記事 ページ先頭へ