全国5万人が受講している「サイタ」

デッサン描き方教室・講座

デッサン描き方教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室デッサン兵庫 カズのデッサン描き方教室スクールブログ

カズのデッサン描き方教室 スクールブログ

見えないところ
見えないところを描く。これは大事なことです。 ダビンチのドローイングのように、 人体を描く時は解剖学的に見えない骨、関節、筋肉のつきかたなどを意識しましょう。
(1月7日(木) 17:10)
見えない部分を描く
デッサンをするとき、とくに人体画を描く時は 見えない骨格や筋肉のつき方などを意識して描きたいものです。 コップのような静物でも見えないコップの底も意識したいものですねえ。
(8月2日(日) 18:14)
印象も大切に!
デッサンするときはカタチの正確さを追うのは大切なことですが、 モチーフを目の前にした時の第一印象や感動を絵にすることも 忘れたくないものですねえ。 「このモチーフではどこを描けば...
(5月25日(月) 11:22)
絵画教室とデッサン教室
絵画教室に通われている方も多いと思いますが。 そこでデッサンを教えてもらってるとは限りません。 基礎であるデッサンができてないと、油絵や水彩画などの絵画は いくら描いても上達しな...
(2月26日(木) 17:44)
自分を疑うとは……
デッサンをしていて、私は自分を疑うことを大事にしていますが、 これはどいうことかといいますと、モチーフを前にして描いている時、 なんとなく描いているものがモチーフとカタチがずれてき...
(1月29日(木) 17:23)
デッサンとは
デッサンとはそもそも、3次元の立体を2次元の紙などで表現することです。 でもただそれだけなら、写真をとればいいじゃないか〜ってことになりますよね〜。 写真よりもリアルに、二次元の紙...
(12月28日(日) 18:45)

カズのデッサン描き方教室のブログ ・・・計6件

このブログを書いたコーチ

武蔵野美大卒、企業でパッケージデザインも。モノの見方・捉え方を教えます

カズのデッサン描き方教室
福山和仁 (デッサン)

尼崎(JR)・六甲道・垂水・尼崎(阪神)・県庁前

デッサン描き方教室・デッサン講座 ページ先頭へ