サイタ趣味の習い事絵画教室デッサン兵庫 カズのデッサン描き方教室 スクールブログ 見えない部分を...

見えない部分を描く

デッサンをするとき、とくに人体画を描く時は
見えない骨格や筋肉のつき方などを意識して描きたいものです。
コップのような静物でも見えないコップの底も意識したいものですねえ。

 

(2015年8月2日(日) 18:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

武蔵野美大卒、企業でパッケージデザインも。モノの見方・捉え方を教えます

新着記事

見えないところを描く。これは大事なことです。 ダビンチのドローイングのように、 人体を描く時は解剖学的に見えない骨、関節、筋肉のつきかたなどを意識しましょう。

デッサンをするとき、とくに人体画を描く時は 見えない骨格や筋肉のつき方などを意識して描きたいものです。 コップのような静物でも見えないコップの底も意識したいものですねえ。

デッサンするときはカタチの正確さを追うのは大切なことですが、 モチーフを目の前にした時の第一印象や感動を絵にすることも 忘れたくないものですねえ。 「このモチーフではどこを描けばいいのか、何がいいたいのか、どこを省略すればいいのか」というふうに、 自問自答することも大切ですねえ。

絵画教室に通われている方も多いと思いますが。 そこでデッサンを教えてもらってるとは限りません。 基礎であるデッサンができてないと、油絵や水彩画などの絵画は いくら描いても上達しないでしょう。 積み木をするのに、下部の方が歪んでいれば、上部にいくにしたがって どんどん歪んでしまい、しま...

デッサンをしていて、私は自分を疑うことを大事にしていますが、 これはどいうことかといいますと、モチーフを前にして描いている時、 なんとなく描いているものがモチーフとカタチがずれてきたりしても 気づかない、あるいは、気づいても「8割くらいできあがっているのだし、まあいいか」と、いいながら完...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、デッサンレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ