全国5万人が受講している「サイタ」

デッサン描き方教室・講座

デッサン描き方教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室デッサン東京 楽しいデッサン講座 スクールブログ 絵を描くことを...

絵を描くことを続ける為のポイント

 どんなことも同じと思いますが、何か始めたときに続かないとせっかく始めても
もったいないですよね。自分も何か始めようと思って始めても、三日坊主だったり、
なかなか上手く行かないことがよくありました。
そこで絵を始めて、続けていく為のポイントをあげたいと思います。

・一番は環境です
 これは当然といえば当然ですが、学校やアートスクールなどに
 通えば、絵を描く環境があるので絵を描くことが日常になるので続けることが
 出来ると思います。

・公募展に応募したり、展示をする
 描いた絵を色んな人に見てもらったり、他の人の作品を見て刺激になり
 モチベーションがあがると思います。
 公募展はアマ、プロと関係無く出展出来るものは多いので、また締め切りが
 あることでいつまでに完成させる為にと、制作を続けれると思います。
 展示も同様で貸しギャラリーなどで、値段はピンキリですが一人が難しいなら
 グループ展もオススメです。ギャラリー代も割り勘できるし、お互いが刺激に
 なると思います。
 公募展や貸しギャラリーはネット等で調べてみると色々とあると思います。

・誰かの為に絵を描く(あくまで自分の為に必要なこととして)
 個人的にはこれが一番、大切で続ける為に必要な最・最・最・重要ポイントと
 思っています。もちろん誰の為に絵を描くのと聞かれれば自分の為と答えますが、
 自分の描いた絵で誰かが元気が出たり、喜んでくれればやる気もモチベーションも
 すごく上がるし、自分と絵を描くことの間に、誰かの為が入ることできっと
 楽しく絵を描くことが続けれます。

 

絵を描くことを続ける為のポイント絵を描くことを続ける為のポイント絵を描くことを続ける為のポイント

(2015年3月30日(月) 22:58)

前の記事

この記事を書いたコーチ

新エコールドパリ浮世・絵展入賞。ものづくりの基本となるデッサン力を養成

ブログ記事 ページ先頭へ