音楽教室ボーカルスクール声楽レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

声楽教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はお疲れ様でした。
体験レッスンということで始めに少しお話をお伺いし、呼吸法と立ち方から始めていきました。

呼吸法ではたっぷり入るお腹に加え、背中の方に息をいれる感覚をお伝えしました。はじめは背中の方に息をいれるのに時間がかかるのですが、なれてくると瞬時に入れることが出来ます。効率よくブレスがとれる技の一つですので、ぜひご自宅でも呼吸法の練習、されてみてください。

発声練習では、ぜひ共鳴と息の始まりを意識して、レガートの練習をされてみてください。上の音もコントロールしやすくなりますよ。

アリアの2曲はどちらも表情豊かに歌われていてとても良いと思いました。せっかくなので、ぜひ、イタリア語のディクションをもう少し詰めていきたいと思いました。ヨーロッパのアクセントは強弱なので、母音に長い短いが生まれます。今日は特にBELLAなどのLのさばきかたをやりました。モーツアルトは基本的に言葉のアクセントとリズムを忠実に書いているので、音楽が助けになるかもしれません。
早口では、共鳴腔から響きが落ちないように、ゆっくり練習したり、ハミングで位置を確認したりする練習をお薦めします。
このレッスンノートを書いたコーチ

東京芸大卒業後、フランスやベルギーで活躍!初心者~音大志望の方も大歓迎

やっこの声楽教室
薬師寺典子 (声楽)

渋谷・新宿・池袋・田端・吉祥寺・荻窪

レッスンノート ページ先頭へ

声楽情報

サイタの声楽講師がブログを通して、声楽情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

声楽の先生

@SeigakuCyta