サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽愛知 まちかど声楽ワークショップ スクールブログ 「目的」を持っ...

「目的」を持って学ぶことの大切さ

10月になりました!だいぶ涼しくなり、秋も深まってきていますね。肌寒い日も出てきて、風邪に注意したいところです。

さて今回は、声楽を学ぶ上での「目的」というものについて、語っていきたいと思います。

ではまず、質問です。


Q.あなたは、どういったことが目的で声楽を学んでいますか?


・・・即答できた方は素晴らしいです!しかし、即答できなかった方は、一度、胸に手を当てながら、ゆっくり答えを見出していただきたいと思います。

「たかが趣味で習っているのに、目的なんて必要か?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、全く何も目的がないのであれば、わざわざ私のところに習いに来られるはずがありません。目的は絶対にあります!

どんな小さなことでも良いです。

* 歌って元気になるため
* 声楽を通して楽しい毎日を送るため 
* 先生に歌を褒められ、自分に自信をつけるため ...etc.

といったことでも構いません。

小さい目的が分かったら、次に少し大きな目的を考えてみましょう。

* いずれ人前で歌い、凄いと思ってもらうようにするため
* 人に歌を聴かせ、楽しんでもらうため
* 声楽を通し、音楽文化への理解を深めるため ...etc.

自分ならではの目的を考えてみましょう。

最後に、もっと大きな目的を考えてみます。ここまでくると、目的というより「夢」の要素も大きくなってきますね。

* 声楽を通し、日本の文化の発展に働きかけるため
* 仕事として(あるいはプロとして)歌っていくため
* 歌で人々を救い、また必要とされる存在になるため ...etc.

・・・いかがでしょうか。
大きくなるほど、目的を抱く人は減ってくるものと思います。でも、小さな目的でも良いので、まずは何か、きちんと把握することから始めることが大切です。

というのも、目的なく(といいますか、目的を把握せずに)学んでいると、それがヤル気の低下や上達スピードの低下につながってしまうからです。

料理を例にとりますと、誰かのために作るときは、そうでないときよりもヤル気が湧くものです。「美味しいと思われたい」という理由で、念入りにつくることでしょう。もしお偉いさんにふるまうのであれば、「失礼がないように」と意気込み、事前につくり方をきちんと調べ、相手の好みまでリサーチするかもしれません。そして、一流の料理人になるのであれば、日々研究や訓練を積み、プライドをもって絶えず邁進していくはずです。

声楽についても、同じようなことが言えます。

学ぶ目的や理由が大きいほど、ヤル気も大きくなり、長続きしやすくなります。うまくいかなかったときも、それをバネにしたりできます。そして何より、「目標」というものを立てやすくなります

1968年、アメリカの心理学者ロックは、「目標設定理論」というものを提唱しました。目標とモチベーションの関係性に触れている理論です。これによると、明確で高い目標のほうが、モチベーションの向上につながるということです。

目標は、目的なしには設定できません。「何かを成し遂げる」「何かのために」という目的があるからこそ、「ゴールラインは?」「いつまでにどの程度?」といった目標を考えることができます。

目的は、無理矢理つくるものではありませんが、もしあまりはっきりしない場合は、ゆっくりと考えをまとめて編み出してみましょう。何もないことは、決してないはずです。

もし、明確な目的が出てこなかったり、より大きい目的を持ちたいと思ったりしたときは、コンクールや演奏会の機会を自ら設けてみるのも良いですね。例えば「コンクールに出る」となれば、目標から計画へと落とし込みやすくなります。

「人前での演奏はちょっと・・・」というのであれば、YouTubeやSNSなどに投稿したり、家で録音して食事やドライブで流したり、はたまた、レッスンをちょっとした縛りプレイ(※)で受けてみたりするのも良いかと思います。

 ※ 縛りプレイについては、「ニコニコ大百科(仮)」に意味が載っています。元々はゲームで使われる言葉です。

「どうしたら良いのか」と迷われる場合は、私が相談に乗りますので、お気軽にどうぞ♪

ともかく、何も目的を把握できないと、「何のために声楽をやってるんだろう」「このまま続けて意味あるんかな」と思いかねません。レッスン界隈では、そういう人は長続きしないと考えられています。

声楽は、一朝一夕で上達できる性質ではないものです。自分のヤル気やモチベーションを維持・向上させてくれる “何か” があるからこそ、長い目で頑張れ、いずれ成長した自分自身に気付くことができるのです!

 

(2017年10月2日(月) 18:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音大の大学院にて日本歌曲の研究に専念。歌う愉しみを伝えるレッスン

新着記事

橋本尚平でございます。 2018年7月まで毎月更新してきた当ブログですが、先月よりお休みしており、今後もこの状態を継続させていただきます。 再会日は未定ですが、ひょっとしたら、たまにひょこっと更新することもありえます。 毎月の更新を楽しみにしていらっしゃった方には、大変申し訳...

気づいたら7月になっておりました! これで今年も後半戦です。 6月末に関東地方が梅雨明けを一応迎えたそうですが、私の住むところはまだ明けていないようで、「いつになったら明けるんやろ」と、半ば苛立ちモードが続いております。 ここ最近、雨、雨、そして雨。 雨は、水不足の...

6月も明日で10日! あっという間です。 まだ6月になったばかりだと思っていたせいか、今月のブログ更新が遅くなってしまいました。 毎月どんどん遅くなって、そのうち数ヶ月に1度となり、やがて半年に1度、いや、1年に1度、ついには更新なしとなるかもしれませんね(笑) という...

5月となりました! この記事を書いている今、外では雨が降り、田んぼの方からは蛙の声がゲロゲロと聞こえてきます。 少し蒸し暑いので、扇風機の風を浴びながら、早くも初夏を先取りして満喫しております♪ はい、橋本尚平です。 今回は、外国語の歌詞のついた歌曲やオペラを歌うと...

ニュース等ですでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今月、愛知県名古屋市内にて、麻疹(はしか)の伝染が確認されております。 麻疹は非常に感染力が強く、免疫ができていない人の場合、インフルエンザより10倍ほどかかりやすいとのことで、パンデミックを引き起こしかねません。 症状も重篤に...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、声楽レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ