サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽東京 テノール芹澤の声楽教室 スクールブログ 声楽のレッスン...

声楽のレッスンって何するの?

こんにちは(・∀・)

声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ


みなさまの中にはすでに声楽経験のある方、または地域の合唱団等で歌っている方、そして全く歌った経験はないけど興味がある方等、様々な方が居ると思います。

今日はまず、「声楽のレッスンって何するの?」ということを書きたいと思います。


レッスンは、「発声練習」→「歌う」というのが基本的な構成になっています。


まず発声練習で声の準備運動、ストレッチをします。

運動前の準備運動と同じですね。


初心者の方には、まず「声を出す」ということがどういうことかを体験してもらい、今日これから使う部位を意識して、どういう風に使うかをイメージしながら行います。

経験者の方には、その人に合わせて、どこの部位の意識が足りないか、使えてないか、どのバランスが悪いのかを分析しながら調整していきます。

声楽レッスンで核となるのはこの発声練習です。

発声がきちんと出来る=なんでも歌える、とも言えます。


そして発声練習の後に曲を使っての練習です。
発声では上手く声がでても、歌の中にはそれを妨害する要因がたくさんあります。

それは子音です。

発声練習は基本的に母音唱法です。

しかし曲には歌詞があります。

そしてその歌詞には子音があり、この子音が発声を邪魔する要因となります。

初心者の方はまずは歌うことを楽しむために、細かいことは言いません。
その内「もっと上手く歌いたい!」という思いが出てきたら、少しづつテクニックを学びましょう。

歌うことがもっと楽しくなります(*^_^*)

経験者の方で、オペラ・アリアなどを1曲通して歌うことを念頭においている場合のレッスンでは、どの子音が発声を邪魔しているのか、「歌いにくい」と感じる部分は何が邪魔しているのか等を分析し、解決していきます。

こうしたレッスンを繰り返していくと、脳と喉が明確にリンクし、歌いたいように歌えるようになります(∩´∀`)∩

さて、本日はここまでにしておきます。

お読みいただきありがとうございました(・∀・)ノシ

 

(2014年7月23日(水) 16:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あのイタリア声楽コンコルソで堂々の1位。綺麗な声作りをお手伝い!

新着記事

みなさんこんにちは!(・∀・) 声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ さて、本日のブログは以前にもあった同名の投稿の第二弾です! 以前ご紹介した「演奏を聴く機会」は有料の演奏会だったので、 (´・ω・`)「・・・・・・」 |彡サッ と、な...

みなさんこんにちは!(・∀・) 声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ 本日は「コーチ選びの大切さ」ということを書きたいと思います。 習い事を始めるに当たって、誰しも「こうなりたい!」という希望があると思います。 でも自分の理想像に近づくためにはどういうコーチを選...

みなさんこんにちは(・∀・) 声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ と、毎回書いておりますが、 いい加減しつこいかな?っと思ってます(笑) 今回は専門的な話ではありませんのであしからず(>_<) 一番最初のブログで書いたと思いますが、我が家のス...

みなさんこんにちは!(・∀・) 声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ 本日は「声種によってレッスンは異なるのか?」ということを書きたいと思います。 ソプラノ、アルト、テノール、バス。 それぞれ左から音域が「高い→低い」となっております。 大きな違い...

みなさんこんにちは!(・∀・) 声楽コーチの芹澤です(`・ω・´)ゞ 本日のテーマは「音域」についてです! みなさん、こんな経験ありませんか? カラオケで歌っていて、キーが高くて出ない。 合唱で他の人は出てるのに自分だけその音が出ない。 等など。...

ブログ記事 ページ先頭へ