サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽愛知 まちかど声楽ワークショップ スクールブログ なぜ腹式呼吸?...

なぜ腹式呼吸???

こんばんは!橋本尚平です。


声楽では、よく「腹式呼吸」が大事といいます。


私がこれまでにレッスンを受けてきて、腹式呼吸を勧めない先生はいませんでした。


では、なぜ腹式じゃなきゃいけないのか?
これを詳しく教えてくださった先生は少なかったです。


先に結論を言いますと、
腹式呼吸ばかりを使って歌わねばならないというのは誤りです。
といいますか、身体的な理論上不可能です。


人間は普段の生活で、胸式呼吸という方法で息をしています。簡単に言うと肩が上がる呼吸です。
胸の部分(胸郭)などを広げたり戻したりすることで、空気を肺に入れたり肺から出したりします。


一方、腹式呼吸は、横隔膜などを下げたり戻したりして肺の空気を調整するので、
腹が膨らんだり萎んだりするように見えます。
腹から声を出すとはそういうことを比喩しているのです。


で、なぜ腹式が歌に適しているか?


それは、胸式呼吸で胸部や肩が動く(力が入る)と、ノドにも力が及び、発声を阻害してしまうからです。
そのため、腹式の方が効率が良いというわけです。


でも!!
先に書いたように腹式オンリーは不可能です。体は全て連動しています。


先ほど、人間は普段の生活では胸式、と書きましたが、
実は腹式も混じっています。


要はバランス的な問題なんです。
歌うときには腹式呼吸の“割合を増やす”というのが考え方として妥当です。


だから、歌うときは腹式と胸式の両方を意識する必要があります。
腹式オンリーにしようとすると、体はうまく機能せず、逆に変な力が入ってしまいます。
自然の摂理に大いに反してしまっているんです。


こう言うと、今度思い浮かぶのは、
「歌って、そもそも人間の内面を表現するものだから、普段通り胸式の割合を大きくすべきでは?」
と思う方もいます。


クラシック声楽の方ではなく、ポピュラー系の方に、実際いらっしゃいます。


確かにその通りで、私もつくづく不思議に思いました。


ここで押さえるべきは、
「クラシック声楽は不自然なことを自然っぽく見せてこそ価値が出てくる」
ということです。
私自身、声楽ではないボーカルも学んでおりますが、
これはその師から最近聞いた見解です。


学生時代とかには、声楽の発声は“自然な発声”と教わってきましたが、
なんとなく腑に落ちていなかったので、“不自然”という意見を聞き、妙に納得してしまいました。

 

(2014年5月26日(月) 18:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音大の大学院にて日本歌曲の研究に専念。歌う愉しみを伝えるレッスン

新着記事

6月も明日で10日! あっという間です。 まだ6月になったばかりだと思っていたせいか、今月のブログ更新が遅くなってしまいました。 毎月どんどん遅くなって、そのうち数ヶ月に1度となり、やがて半年に1度、いや、1年に1度、ついには更新なしとなるかもしれませんね(笑) という...

5月となりました! この記事を書いている今、外では雨が降り、田んぼの方からは蛙の声がゲロゲロと聞こえてきます。 少し蒸し暑いので、扇風機の風を浴びながら、早くも初夏を先取りして満喫しております♪ はい、橋本尚平です。 今回は、外国語の歌詞のついた歌曲やオペラを歌うと...

ニュース等ですでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今月、愛知県名古屋市内にて、麻疹(はしか)の伝染が確認されております。 麻疹は非常に感染力が強く、免疫ができていない人の場合、インフルエンザより10倍ほどかかりやすいとのことで、パンデミックを引き起こしかねません。 症状も重篤に...

橋本尚平です! 4/1 が終わろうとしているので、種明かしをしたいと思います。 ひとつ前の記事「<a href="https://cyta.jp/singing/b/79207">4/1 になりました!</a>」の中で、私は、レッスンにはいつも家から徒歩で赴くといったお話をしました...

平成30年度のスタートを切りました! これは、ついに今年の約25%が終わってしまったことを意味します。 早いものですね・・・。 最近、この「早い」っていう言葉が口癖になってきているような気がします(笑) 歳を重ねるにつれ、どんどん体感時間が短くなってきています。 時間は大...

ブログ記事 ページ先頭へ