全国5万人が受講している「サイタ」

声楽レッスン・教室

声楽レッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクール声楽愛知 まちかど声楽ワークショップ スクールブログ 楽譜はメモ

楽譜はメモ

こんにちは!橋本尚平です。


楽譜はメモです。


以上!終わり。


  :
  :
  :


となるとあまりにも意味不明なのでご説明しますね。

歌うにしろ楽器を弾くにしろ、
楽譜を用いて、譜面上のお約束事を守るのは当然のこととされています。

しかし、楽譜って、
所詮は音を文字や記号に変換しただけのメモ書きにすぎないのです。

もちろん、17世紀のバロック時代や、それより昔にあった楽譜こそメモに近く、
現代のはかなり綿密に練られて書かれていますが、
・・・・メモはメモです。

というのも、
楽譜にとらわれた演奏がいかに機械的でつまらないか、
といったことを、普段私自身が感じているからです。

楽譜が読めないかたに強く申し上げたいのが、
「楽譜なんて読めなくて大丈夫!メモだから」
ということです。

↑まあ、こう言うと、いい加減な人だと思われるリスクもありますが、

楽譜に束縛されるあまり、
音楽の本当の姿を見失っては本末転倒なわけです。

私自身、
昔はガッチガチに楽譜を守る人間でしたので、よく、
「ロボットになるな」
と注意を受けたことがあります。

その反動でしょうか、
今では楽譜なんかメモだ!と思うようにしています。

すると、同じ曲でも楽しさが倍増したのです。

自分の耳と感性を頼りに音楽に浸かるって大事だなあ
とも思いました。

だからこそ、
楽譜から意識を少し離して自由になると良いと考えるに至ったのです。

ただ、自由というのは、勝手とは別物です。

楽譜から作曲者の意図を読み取るという作業も、
楽譜の重要性が高くなった時代に作られた音楽の場合、
とても大切になってきます。

が、文字や記号は、音そのものを完璧には表し切れ得ません。
そこを、演奏者側が自由な心で表現するべきだ、
ということです。


(即興演奏が当たり前だった頃に作られた音楽だと、
楽譜の縛りはもっと緩くなるので、なおさら自由さが求められますが。)


・・・少しややこしくなってきたのでここまでにしますが、

今日はひとつ、

「楽譜はメモ」

ということをお伝えしたかったまでです(^^)

お読みいただきありがとうございます。

 

(2014年5月13日(火) 13:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音大の大学院にて日本歌曲の研究に専念。歌う愉しみを伝えるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ