全国5万人が受講している「サイタ」

声楽レッスン・教室

声楽レッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクール声楽愛知 まちかど声楽ワークショップ スクールブログ 声楽に向く人・...

声楽に向く人・向かない人

こんにちは!橋本尚平です。

貴方は、自分自身が声楽に向いていると思いますか?

・・・私自身、このような問いかけを自分に対して何度もしてきました。

まず、向く・向かないの意味があやふやでは話ができないので、

・声楽家として一人プロ並みに成長できる人

というのを向いている人と意味付けてみました。
もっとざっくり言えば、

・才能がある

という意味です。
さて、いかがでしょうか?

「成長には才能より努力だ」

という話はよく耳にします。

「努力すればプロになれるというわけではないが、
プロは皆努力を惜しまない」

という、何だか勇気付けられる名言(?)もあります。
しかし一方で、一流になるには才能は欠かせません。

「才能は要らない」
とは誰も言ってはいないのです。

たまにそういった綺麗事を口にする方に出会いますが、
特に何も考えていない人だったりします。

今、

「僕には才能がないから、声楽なんて…」

と思われた方、きっといらっしゃると思います。
でも、才能はいつ開くか分からないのも事実で、
今日かもしれなければ10年後かもしれません。

と言いますか、
才能の有無なんてなかなか自分で分かるものではないのです。

見る人に見てもらって才能の有無を一発で判断してもらうか、
何年も続けて初めて自覚できるか、
という感じで有無が分かると思います。

そういった意味で、
才能の開花時期が人によって変わるのです。
苗の有無に気付いたら養分を与えていかないと開花はしませんので。

最後に、
これを言ったらコーチ失格かもしれませんが、
自信を取り戻してくれる人がいるかも!?
という願いを込めて書きますね。


“私には才能がありません。”


これは何年もやってきて初めて分かったことです。

私は声楽には不向きだったわけです。

ただ、才能がないからといって歌えないことはありませんし、
誰だって努力すれば上達はします!

才能があったら、今ごろ世界のあちらこちらから ひっぱりだこ。
多分この場所でコーチしてません(笑)

と、ぶっちゃけてしまいましたが、
頼りないコーチとは思わないでくださいね(゜∀゜;ノ)ノ

指導はしっかり丁寧にやっていきますので、ご安心ください♪



P.S.

大阪のたこ焼き屋「ひっぱりだこ」に一度行ってみたいです。
かなり前に“愛貧”の修業で拝見しましたが、ウマそうです(*^^*)

 

(2014年4月25日(金) 12:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音大の大学院にて日本歌曲の研究に専念。歌う愉しみを伝えるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ