サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽東京 声楽教室~クラシック・ミュージカル・ポップス~ スクールブログ 芸術の秋と声

芸術の秋と声

久しぶりのブログ投稿でございます。

すっかり秋が深まって参りましたね。
今年の夏は本当に暑かったので、生徒さんはレッスンに来るだけでも本当に大変だったのではないかと思います。

「身体が資本」

は声をつかう人に限ったことではありませんが、四季がある日本人にとっては季節が変わるたびに自分の身体と向き合うことになるのではないかと思います。

秋は「芸術の秋」などと言われ、わたしたちはこれからまさに仕事などたくさん増えていきます。

しかし、一番調子を崩しやすい季節でもあります。世の中的にも寒さなどでインフルエンザが流行り出したりとなかなか気が抜けないですよね。

わたしたちにとっての一番の天敵は
「寒さ」

ではなく…。

「乾燥」です。

女性は普段から美容などでお肌の乾燥を気にするかと思いますが、喉の乾燥についてはあまり考えないかもしれません。

お肌の乾燥以上に喉は乾燥に敏感なのです。

わたしは普段から口呼吸ではなく、「鼻呼吸」することを心掛けています。これは歌を歌う上でとても大切なことなのです。

声を出す上で身体を使うための鼻呼吸でもありますが、先程言ったように
「乾燥から喉を守る」意味もあります。

また、寝ている時は一番無防備なのでわたしはほぼ365日寝るときはマスクを着用します。
鼻が詰まっていると無意識に口呼吸に移行してしまうためです。

最初は煩わしく思いますが、いまはすっかり慣れましたし、お肌もしっとりとしますよ。女性の方は一石二鳥なので是非お試しください!

乾燥から喉を守り、正しい発声を身に付ければ喉を壊すことのリスクはかなり減らせます。

また例え壊してしまっても、落ち込まずに、2〜3日声を出さずに、水分をたくさんとるように(マスクの着用も効果的です)するだけでよくなることが殆どです。

また水分も、烏龍茶は避けて暖かい緑茶やリラックス効果の高いハーブティーなどを積極的にとるようにしてみてください。

なぜ、こんな話をしたかというと、つい最近わたし自身が油断から2〜3日声が出ずらくなってしまったからです。

声が出ないとストレスがたまりますから、そういうときこそ、リラックスしてゆったりと過ごすこと、そして焦らないことが大切だと痛感したのです。

「芸術の秋」

健やかな声で過ごしたいものですね。

芸術の秋と声

(2013年11月1日(金) 21:33)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ポップス~音楽受験までレッスン歴豊富。小さな目標からじっくりサポート

新着記事

久しぶりのブログ投稿でございます。 すっかり秋が深まって参りましたね。 今年の夏は本当に暑かったので、生徒さんはレッスンに来るだけでも本当に大変だったのではないかと思います。 「身体が資本」 は声をつかう人に限ったことではありませんが、四季がある日本人にとっては季節が変わる...

こんにちは。 講師の山田です。 始めてのブログ投稿になります。 なにをお話ししようかと考えていたのですが、 今日は最近わたしが感じたことをお話しさせてください! よく生徒さんに「歌を習うことが夢だった」 と言われます。 音楽に親しみを感じてくださり、歌を習おうと思...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、声楽レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ