全国5万人が受講している「サイタ」

声楽レッスン・教室

声楽レッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクール声楽神奈川 Sotto Voce声楽教室 スクールブログ 演奏会を終えて

演奏会を終えて

 もう10日も経ってしまいましたが、無事に演奏会を終えることが出来ました。

演奏会を重ねるごとに、いろんな会場の響きを体感し、その場所、その場所で、帰ってくる音に反応しながら歌う。

きっとそんなことをしていると思います。

だからとても怖い。

リハーサルはだいたい、その日の朝、1回。

でもお客さんが入っていないので響きは違う。

そのため、その時その時の響きを感じながら歌っているのだとおもいます。

どんなジャンルでも、ライブというものは、空気感が伝わります。

これは、録音ではわからない、その時その場に居合わせた人達でないとわからない。

だから怖いのだけれど、これがまた、何とも言えない感覚なのです。

歌はうまい下手だけではなく、その人の人間性までも、見透かされてしまう、そんな怖さもあります。


私は最近になって、人の歌を聴くとき、若いころは批判ばかりして聴いていたけれども、そうではなく、歌っている方の気持ちをキャッチして聴く、そんな聴き方に変わりました。

上手い下手ではなく、伝わってくるものがあると私は思います。

逆に言えばいくらテクニックがうまくても、気持ちに謙虚さや、上手になりたいという前向きさがない方の歌を聴いても面白くないからです。

プロの方でも聴いていて面白くないと感じるのは、ここに原因があるのではないでしょうか。

まだまだな私ですがそんなことを考えながら謙虚な気持ちを持ち続けたいと思う今日この頃です。

 

(2013年4月30日(火) 22:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ヤマハ出身のベテラン講師。楽譜の読み方など、基礎の基礎からレッスンOK

ブログ記事 ページ先頭へ