全国5万人が受講している「サイタ」

声楽レッスン・教室

声楽レッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクール声楽神奈川 Sotto Voce声楽教室 スクールブログ 演奏会

演奏会

今月20日日曜日。

横須賀の衣笠駅近くにある「はまゆう会館」で、「フレンドシップコンサート」のゲストとして出演させていただきます。

ゲストというと、すごいみたいですが、そういう意味ではありません。

このコンサートは、毎年この時期に行われていて、今年でなんと18回目!!

すごいですね~。。

今年は、5人の方が主となって、このコンサートを作り上げていますが、私は今回1回限りの出演。


「カプレーティ家とモンテッキ家」というベッリーニのオペラから、「おお、幾たびか」を歌います。

かなり有名なアリアです。

ベッリーニのオペラは、旋律がとてもきれいなので、歌っていて、伴奏との絡みというかハーモニーが気持ちいいです。

この曲は、いわゆるロミオとジュリエットがもとになっていますが、内容は少し違う部分もあります。

ロミオのことが好きだけれども、家の為に自分の思いは捨てて、嫁いでゆく、その婚礼を前にして歌うアリアです。

綺麗なんだけれども切なさのある旋律に、歌っているとつい気持ちも入ってしまいます。

この曲の私自身の思い出としては、大学生のころ、声楽の先生から3年生くらいの時に渡され、少し教わったのですが、前半のレチタティーボの部分をやらずにそのままになっていたので今回挑戦しました。

このころ、別のベッリーニのオペラ、「夢遊病の女」からのアリアも練習していて、先生はベーッリー二が好きなのかなぁ、、、なんてことをぼーっと、思っていたのですが、今になって調べてみると、私の先生は藤原歌劇団出身の方で、ベッリーニとのかかわりが深いようでした。

オペラを歌う醍醐味というのは、やはりその人物になりきって歌えるという、女優のような楽しさではないでしょうか。

当日、失敗しないで歌えますように!!




 

(2013年4月2日(火) 0:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ヤマハ出身のベテラン講師。楽譜の読み方など、基礎の基礎からレッスンOK

ブログ記事 ページ先頭へ