サイタ音楽教室ボーカルスクール声楽埼玉 声楽教室・ベッラヴォーチェ スクールブログ 「マイクに良く...

「マイクに良く通る声」 VS 「マイクが無くても響く声」

初めてブログを書きます!檜垣です。

どうぞ、よろしくお願いします!


何を書いたら良いのかなぁ~。。。と悩んだすえ
この頃とみに気になる 「マイクによーーーく通る声」VS 「マイクが無くても響く声」 
について書いてみる事にしました。

どうなるかは読む人ぞ知る。。。。。。。。




マイクと言えばやはりカラオケ!が一番身近でしょうか?

ママさんコーラスや合唱をやっている人によく見られる現象のいくつかに、
「マイクだと歌いにくい!!」「思うように声が入らない!!」があるのでは?


それもそのはず!


日本で行われている合唱は、響きを会わせる事が第一!
マイクに直接入るような、声帯がびりびり震える、いわゆる「地声」は嫌われる傾向にあります。
(自分の色が出てしまいますしね!)




一方、「声楽」と言われるような歌とは、無縁の方のお悩みで多いのは、
「高い音が出ない!」「苦しい!」「音程がとれない!」などでしょうか?


これは、逆に声帯に力が入りすぎて、ぴたっとくっつき、
本来自由に振動し、伸び縮みするはずものが、身動きできなくなっているからなんですね。

(あ!声帯は二本のヒダのような物です。見た事ある方もいらっしゃるかな?)



窓の隙間に風が吹いて音が鳴るように、
音を生み出すためには息が流れていなければなりません。
音程をとるためには、声帯は自由に伸び縮みし、厚みや長さを変えなければならないんです。



ここでポイント!

窓の隙間が開きすぎていると、音ってなりませんよね??
声帯も同じ。
いくら息が通っていても、声帯のしまりが悪いと、美しい音はでません。



解決方法としてちょっと「オペラ」を考えてみませんか?

マイクなしで、遠くまで声を出します。

この時、合唱のように響きだけを追い求め、
声帯のくっつき具合が弱いと、10列目の客席にも届きません。

でも、マイクがある時みたいに、響きを無視して、声帯だけで歌っても、
これまた5列目のお客にも聞こえません。。


息を流し続けながらも、声帯をしっかりと付け、
そこで生まれた強い振動を、頭のてっぺんから胸、すべての空洞と骨格に響かせる。

これで、どんな小さな音も会場の奥まで届ける事が出来るんですね。




「声帯のしまり具合」と「息の通り具合」の黄金バランス。


この比率を変えれば、マイクに良く通る地声でも音程は自由自在で、
マイクを外しても遠くまで届く声が手に入るのでは?

で、声帯の強さとともに、このバランス感覚が天才的に優れていたのが、
ホイットニー・ヒューストンでありマリア・カラスであったのでは?

なーんて。。。。。。。。。。。。



そんなこんなをぐるぐる考えながら、
そんなテクニックのことなど一切感じさせないディーヴァ達の「歌」と「歌声」に酔いしれてます。


あ!もしこの「マイクに通る声」VS「マイクがなくても響く声」に決着をつけるとすれば、

「マイクによーーーく通る声で自由に歌うには息を通す事が絶対条件で、
マイクがなくても響く声のためには、マイクに良く通る、声帯をしっかりと着けた声が必要。」


となります。。。

みなさんはいかが思われますか???








 

(2013年1月29日(火) 22:47)

次の記事

この記事を書いたコーチ

イタリアで多くのコンサート出演。ゼロから好きな曲を「歌い上げる」お手伝い

新着記事

大変ご無沙汰しておりました! 本当に久しぶりにブログを書いています。 この一ヶ月、新しい事の始まりばかりで、このスクールの開校とともに いろいろな事が始まっている感じがします。 そんな中、先日、本当に偶然!歌の現場で7年前、ミラノで仲良くしてもらった方と再会しました!!...

さて、オペラ・アワードなる物も開催するほど、オペラ歌手が乱立する韓国ですが、 ミラノでもどれだけ韓国人の友人が増えた事か! (韓国語が分かるようになってしまいました。。。。) いつだったか、イタリア人の先生が 「韓国はイタリアと同じ。大陸に付いている半島で、緯度も重なってるから...

初めてブログを書きます!檜垣です。 どうぞ、よろしくお願いします! 何を書いたら良いのかなぁ~。。。と悩んだすえ この頃とみに気になる 「マイクによーーーく通る声」VS 「マイクが無くても響く声」  について書いてみる事にしました。 どうなるかは読む人ぞ知る。。。。。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、声楽レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ