全国5万人が受講している「サイタ」

声楽レッスン・教室

声楽レッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクール声楽北海道 あや声楽教室 スクールブログ 『コンコーネ』

『コンコーネ』

声楽をはじめるときには必ずと言ってよいほど
「コンコーネ」が課題として生徒さんに与えられることになります。
「コンコーネ」って何?というのを今日は書いていきたいと思います。

「コンコーネ」とは・・・、



声楽の教則本です。



と、一言で説明が終わってしまいますが、、、
本の中は歌詞のついてない歌集です。
「コンコーネ」はパオロ・ジュゼッペ・ジョアッキーノ・コンコーネという作曲家の名前で、
クラシック音楽ではよく作曲家名をそのまま曲集の名前として使用しているため、そう呼ばれています。

「コンコーネ」は教則本でありながらも、音楽的な曲が多く、技術ばかり追うようなテキストではありません。
コンコーネ50番、コンコーネ25番、コンコーネ15番と3冊あり、合わせて90曲もありますから好みの曲もきっと見つかるでしょう!
私は、コンコーネ50番の13番(写真の楽譜は13番です)や50番、コンコーネ25番の3番、などなどが好きです。
(挙げればキリがないことに今気づきました!・笑)

明るく楽しくなるような曲からドラマチックな曲まで、あらゆるタイプの曲が揃っています!
しかしやはり教則本ですので、「コンコーネ」を習得する頃には自分のレベルアップを感じることになると思います。
一度やって終わりというわけではなく、声楽の基本、「土台」になる歌集の一つです。

私は調子が悪いな、というときは必ずコンコーネ50番から振り返り、基本を歌いなおします。
悪くなくても、発声練習時にコンコーネから1曲も歌わない、ということは余程時間がない限りはありません。

声楽をやる限り、長~いおつきあいとなる「コンコーネ」、
少しでも興味を持って頂けたら幸いです♪

『コンコーネ』

(2012年6月10日(日) 0:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歴史ある苫小牧合唱団の元・最年少ソリスト。目標に合った選曲からお手伝い

あや声楽教室
鈴木亜弥 (声楽)

発寒南・バスセンター前・東札幌・南郷18丁目

ブログ記事 ページ先頭へ