全国5万人が受講している「サイタ」

証券外務員一種講座(資格試験対策)

証券外務員一種講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座証券外務員資格講座(資格試験対策)証券外務員一種東京 ☆一度で受かる☆証券外務員一種講座 スクールブログ 再びのバブルへ...

再びのバブルへ!?

 こんばんは。
 
 篠原ライフパートナーズの篠原です。

 FOMCの結果が発表されましたね。

 結果は、予想外の?緩和維持でした。

 この数ヶ月間はなんだったんだという声が聞こえてきそうな結果でしたね。

 多くの市場関係者からすれば「予想外」だったかもしれませんが、今回の結果は十分想定できたものです。

 以前私のブログでも書いていたように、FOMCまでに発表された指標の結果もまちまち。

 失業率の改善も見かけだけ。

 緩和維持の可能性も十分に考えられたのです。

 それなのに、予想の大半が9月からの縮小開始というのは私的には引っかかっていました。

 縮小時期が年末になる可能性もバーナンキ議長は言っていたのですから。

 昨日のバーナンキ議長の会見で、かなりハト派寄りだったのは私的にも予想外でしたが…。

 次期FRB議長の最有力がイエレン氏(ハト派)であることも影響しているんでしょうね。

 さて、FOMCを受けて市場の動きですが…

 直前のブログでも書いた通り、為替は結局行って来いでした(短期的には98円を割れましたが)。

 緩和継続により、リスクオンで各国の株価は軒並み上昇しています。

 問題は米ドルの行方です。 

 現在は、ドル全面売りとなっています。

 米国債10年利回りも2.7%まで下落し、ユーロドルでは1.35ドルと7か月ぶりのユーロ高になっています。

 ドル円に関しては、リスクオンの影響で99.50円付近で取引されています。

 ちなみに、ユーロ円は4年ぶり高値の135円付近まで上昇しています。

 今後の米ドルはどうなるのでしょうか?

 私は、以前から言っているように米ドル買いに変わりはないと思っています。

 確かに、次期FRB議長をイエレン氏と仮定すると、ある程度緩和縮小が時期的にも、規模的にも後退することも考えられます。

 しかしながら、緩和縮小していく方向に変わりはありません。

 いつまでもジャブジャブを続けるわけにはいかないのですから。

 今回の縮小先送りで、バブルに近づいたことは確かでしょう。

 いつまで現在のような最高値更新の熱狂が続くことでしょう?

 FRBはさらに難しいかじ取りを強いられることになったと言えます。

 同じ過ちを再び繰り返すのでしょうか…。

                                篠原

 http://shinoharalifepartners.web.fc2.com/

 

(2013年9月20日(金) 0:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・証券会社のリテール営業担当。金融について何でも質問OK!

☆一度で受かる☆証券外務員一種講座
篠原豪 (証券外務員一種)

渋谷・新宿・池袋・上野・四ツ谷・錦糸町・北千住・柏・銀座・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ