サイタ資格取得講座証券外務員資格講座(資格試験対策)証券外務員一種東京 ☆一度で受かる☆証券外務員一種講座 スクールブログ 嵐が過ぎ去って...

嵐が過ぎ去って…

 こんばんは。

 篠原ライフパートナーズの篠原です。

 いろいろとバタバタしていて、久しぶりの更新になってしまいました。

 相変わらずモヤモヤとする天気ですね~。

 株式相場は二つの嵐が過ぎ去りましたね。

 6月14日の日経先物SQ(12,668 円 04 銭)と

 米国のFOMCです。

 日経平均は5月21日のバーナンキFRB議長の議会証言をきっかけに、わずか20日間あまりで3,000円以上値を下げることになりました。
 
 ヘッジファンドの利益確定売りが主な原因ですが、その背景には米国の金融緩和縮小観測があります。

 バーナンキFRB議長の議会証言から、疑心暗鬼が続いていた株式相場ですが、6月18、19日のFOMCでFRBの見解がある程度はっきりすることになりました。

 米国の景気回復が持続することを前提に、2013年内から緩和を縮小し、2014年にはQE3を終了する可能性があるという道筋を立てたのです。

 もちろん「景気回復」が前提なので、この通りに進むとは限りませんがかなり踏み込んだ内容となったのは事実のようです。

 FOMCを受けて、米国の10債利回りは2.5%まで上昇しています。

 2ヶ月弱でおよそ0.9%の上昇になっています。

 また、緩和縮小観測により、新興国株価の下落は顕著で、豪ドルの下落も止まりません。

 日経平均はなんとか1万3,000円台をキープしていますが、先行きは不透明なままです。

 早ければ9月から緩和縮小がスタートするとの予測も出ていますが、はっきりしていることは、

 長期的にみると米国は緩和を徐々に縮小していく方向に動き、

 日本はマネタリーベースを増やす方向に動こうとしているということで、

 結果的にドル高円安の方向に徐々に推移していくということだと私は考えています。

 もちろん私の個人的な考えで、何があるかわからないですし、予想通りにいかないのが相場です。

 中国のシャドーバンク問題も徐々に取り上げられるようになってきて、不安要素もあるのでリスク回避の円買いが進むかもしれません。

 株式市場は、緩和縮小でじゃぶじゃぶのマネーが徐々に減っていくことを背景にした下落と、円安による上昇との綱引きがありそうです。参議院選挙まではもみ合うかもしれません。

 しばらくは、難しい相場が続きそうです。

 

(2013年6月23日(日) 4:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・証券会社のリテール営業担当。金融について何でも質問OK!

新着記事

こんばんは。 篠原ライフパートナーズの篠原です。 昨日の日銀のマイナス金利導入には驚かされましたね。 相当なサプライズでした。 市場の期待が相当高まっていた中で、全く何もしない0回答はある意味許されない状況だった中、1週間前は否定していたマイナス金利の導入を日本...

こんばんは。 篠原ライフパートナーズの篠原です。 金曜日の日経平均はすごいことになりましたね。 前夜のダウが上昇したこと、原油価格の下落がひとまず止まったこと、 加えてECBのドラギ総裁が3月に追加緩和する可能性を示唆したことから、 前日比なんと941円高の16,958円...

みなさま。 こんばんは、講師の篠原です。 おかげさまで講師業を初めて今年で5年目になります。 資格の講師をしている手前、「どうしても資格を取らなければいけない」という方に多くご利用して頂いています。 このような「ピンチ」の方にご利用頂けることは、講師冥利につきます。 ...

こんばんは。 篠原ライフパートナーズの篠原です。 世界株安が止まりません。 火曜日、中国のGDPを含む各指標はある程度想定通りの結果となったため、 日経平均は16,800円で踏み留まり、反転の兆しが見えかかっていたのですが… イランの制裁解除に伴う原油の供給過剰状態の...

こんばんわ。 篠原ライフパートナーズの篠原です。 日本は成人の日で休場だった日本市場ですが、週明けの為替市場は大荒れのスタートとなりました。 先週末のニューヨーク市場が雇用統計の数値が良好だったにも関わらず大きく下げて引けたことで、朝方ドル円は116円台まで円高が進行しました...

ブログ記事 ページ先頭へ