趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ぴよ将棋との飛車落ち
ぴよ将棋との飛車落ち 攻防があるようになってきました。 穴熊への理想形を描いて、上手が無理攻めをしてきたら切らせるという将棋の本質に近づいてます。 細かい読みが足りず勝負には、負けています...
公文式3へと8枚落ち
8枚落ち 1 王を詰めるのには、端の方が良いこと 2 竜と金だけでは、詰ませ難くと金を作って攻め駒を増やすこと を覚えて下さい。 公文式3 手を読むことに少しずつ慣れることです 将...
激指しとの飛車落ち戦
激指しと飛車落ち戦で練習しました。 ポイントは記憶力を使わないと言うことにあります。 上手が居飛車形が振り飛車形かを見極めて平手の感覚で組み上げます。 振り飛車形には、居飛車穴熊や左美濃に...
激指し4段+との2枚落ち戦の紹介があ
銀多伝、金多伝の組方をやりました。 1 多伝が完成するまで攻めない 2 角がわの歩は取らせても良い 3 5筋、4筋から総攻撃 でした。 何時か戦って習得して下さい。
ぴよ将棋との飛車落ち
試しで、飛車落ちでした。 上手が穴熊や美濃囲いの場合は銀冠や左美濃が定番となります。相手の固さに負けない囲いを確実に組めるよう手順を覚えて下さい。 平手は相掛り風でした。壁銀を相手にしない感...
ぴよ将棋との飛車落ち
ぴよ4段との飛車落ち 1 ぴよ桂馬の高飛形は相手の攻撃陣を責めるのが急所となります。(攻めでなく責めと呼びます) 2 相美濃囲い(平手相振り飛車に類似)、向飛車を4間に戻し、桂馬と角で4...
棋譜診断 平手
相手振り飛車、対抗形 4間対居飛車穴熊。 矢倉模様、相手中段制圧形でした。 中盤の細かい綾が今一つなので、進歩ははやいかも? 駒落ちで地力向上を狙いましょう。
棋譜診断 平手
3間飛車対引き角型左美濃 34銀型3間飛車対居飛車穴熊 でした。 早い引き角には向飛車で受けることを覚えていて下さい。そこから相手が浮き飛車に来る変化がありますが次回説明します。 対居飛...
ぴよ将棋との2枚落ち
ぴよ将棋初段との2枚落ち戦でした。 現時点では、5級程度ですね。 そのうち楽に勝てるようになります。 家で、どんどん指して経験値を積んで下さい。 レベルをあげて駒落ちの方が地力がつきます...
ぴよ将棋との飛車落ち
相手の端桂馬に呼応して、銀冠に組む呼吸です。上手が無理攻めに来ると、桂馬か香車を渡すことになります。従って飛車側の形を意識する必要があります。無理攻めに来なければ向飛車棒銀形が理想形となり、美濃...

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計112件

一道の将棋教室 ページ先頭へ