趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

激指し初段との平手戦
あい掛りのすすめ 是非初手、26歩と指して下さい。 鎖鎌銀、縦歩取りをマスターして下さい。 角替わりは、棒銀か早くり銀で戦ってみて下さい。
ぴよ将棋との飛車落ち
2局目は同じような角早上がりの戦型でした。相手の角の動きに眩惑されて端攻めで先制されました。香車を交換しにくる筋では、屈服して端を守るのが良い場合もあります。一旦受け止めて、後で形を直す要領です...
ぴよ将棋との飛車落ち
1局目 相手の早い角出から桂馬を跳ねて「背水の陣」ぽく攻めてきました。さすがに早い段階での角銀交換は無理攻めですね。自陣の左翼に隙がないように、相手の攻めをバネにして反撃するコツですね。実戦で...
駒の並べ方
急ぎですが大橋流の並べ方を教えました。 今後の勉強法は 公文式ドリル ぴよ将棋 詰め将棋 の三位一体?です。 対面では、疑問点の解消と基本的な考え方を少しずつやって行きます。 好き...
ぴよ将棋との2枚落ち
相談しながら二人で対戦しました。 平手居飛車で、2筋を伸ばします。 交換しない方が良いと良く言われますが素直に飛車先を交換します。上手も歩を謝らないため、変な形で耐えますが結局謝ることとなり...
ぴよ将棋との飛車落ち
1 今回は端単桂の攻防となりました。 上手は無理攻めなので、自陣の傷を消して、歩を入手することが決勝点となります。終盤はどちらにしても一手違いになる前提で読むことになります。 2 序盤の手を...
公文式3と激指し8枚落ち
公文式 QAは「必死」ということ「必死逃れ」という意味と棒銀戦法についてでした。 8枚落ちは、攻めかたのお手本でした。 棒銀戦法で2筋の攻め駒を増やして、成り銀、竜、馬の3枚で攻めます。銀と...
激指し4段+との2枚落確認、飛車落ち参考
2枚落ちは銀多伝の優秀さを確認しました。 飛車落ちは山田流3-2振り飛車ではや囲いでした。 はや囲いは、けっこうマイナーですが、ご機嫌中飛車では、たまにある囲いです。 中盤から終盤入り口が...
激指し4段+との2枚落ち戦
1 銀多伝対上手33銀受け穴熊でした。 33銀型で穴熊はさすがにバランスが悪く、銀多伝で中央突破し楽勝でした。 2 上手62銀から定石形、銀多伝が間に合わず、少し混戦模様でした。結果は時...
ぴよ将棋との飛車落ち
単桂との攻防でした。 端攻めを受けるパターンをもう少し経験する必要が有りますね 攻める形を作りながら、無理攻めで来たら受け潰す呼吸ですから簡単ではありませんが、訓練するしかありません。

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計112件

一道の将棋教室 ページ先頭へ