趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ぴよ将棋との飛車落ち
今後の課題は、序中盤で相手の手を殺すことを覚えることですね。 序盤は手を合わせることでほぼ完璧になっています。 次は中盤の入口で相手の手を殺しながら自分の理想形にする駆引きが重要となります。...
激指し初段との平手戦
激指し初段相手に中飛車と4間飛車を練習しました。棋風からみると、中飛車 角道開け型で一直線に穴熊に組むのが向いているかもしれません86歩、同歩、同飛車には角交換から、88銀としても潰れる訳では...
オープニング
1 相掛りのオープニング 互いに飛車先を伸ばして、先手が飛車先の歩を交換して浮き飛車にするまで。 相手の飛車先の歩が5段目まできたら角の横に金が上がり守ことが重要です。 2 対向形の...
相掛りのオープニングと囲い
1 お互いに飛車先を伸ばして行く戦型を相掛りと呼びます。相手の飛車先の歩が5段目にきたら、角の横に金が上がります。 2 王の囲い方 ・振り飛車の囲い 美濃囲い 高美濃囲い ...
ぴよ将棋との平手戦(縦歩取り)
縦歩取りを紹介しました。 相掛り模様、先手浮き飛車から縦歩取りを狙います。 山田式は、9筋の位取り(升田式一間飛車)です。 後手は33金とクラシックに受けるか、84飛車で受けるか、取らせる...
激指しとの平手戦(相掛りの訓練)
激指し相手に先ずは26歩から。 居飛車党の特権ですね。 今回は縦歩取りです。相手が33金の悪形としたら、捻り飛車にします。私のお薦めは升田式一間飛車含みの95歩です。 今回は、後手が縦歩取...
ぴよ将棋との飛車落ち
序盤の組み立てはシッカリとしてきました。 ただ、53銀型の美濃は受け6分の指し方です。 駒落ちの下手としては、63から74へ上がる駒組のほうが積極的な意味となります。上手55角の狙いを見なが...
将棋の基本 1
1 駒の並べ方 大橋流をやりました。 並べて、揃えてお願いしますです。上手が玉、下手が王です。駒の持ち方、指し方、取り方です。 2 反則(禁じ手) 二歩 行きどころのない駒 打ち歩詰め ...
ぴよ将棋との飛車落ち
今回はぴよが端角から、桂跳ねで攻めてきました。 美濃のこびんを開けて催促しました。通常は危険な手です。5筋を突き金が上がってからでしょうね。 角交換から、角打ち、端攻めの形。端を屈して受ける...
激指し初段との平手戦
あい掛りのすすめ 是非初手、26歩と指して下さい。 鎖鎌銀、縦歩取りをマスターして下さい。 角替わりは、棒銀か早くり銀で戦ってみて下さい。

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計111件

一道の将棋教室 ページ先頭へ