趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ぴよ将棋との飛車落ち
大駒落ちは勝負将棋指導将棋ではないという意味です。相振飛車形(対美濃囲い)では向飛車棒銀形が理想形です。序盤で三間に構えるのは手堅い手段で矢倉や端角を牽制しています。じっとしていると上手は不利...
ぴよ将棋との飛車落ち
上手、穴熊対3間飛車 上手端攻めの攻防です。 1 2枚落ちで経験済みの、5段目への桂馬飛びには端歩を突いて受ける形は重要です。 銀冠は、銀が端の弱点をカバーしてます。 2 桂馬が5段目に...
8枚落ち実戦
8枚落ち 戦略 1 大駒の道をあけ、成ることを狙う 2 守りを固定させ、銀を応援に繰り出す 3 損をしないで破る 4 飛車角だけでは詰まないのでと金を作る 5 と金と金との交換を狙う...
激指し4段+との平手戦の紹介
ごきげん中飛車風の出だしから、12香の瞬間に65歩と行く将棋を紹介しました。後で浮き飛車にして7間飛車とするのは変形立石流と呼ばれます。 立石流だと片美濃囲いですが、山田式では金美濃囲いです。...
ぴよ将棋との飛車落ち
飛車落ちともなると、攻防が重要となります。 3間から向飛車、棒銀形は1つの理想形となります。 細かいポイントを稼ぎ、端を詰める、端歩は角で取ることによって、将来の15桂馬打ちが残ります。 ...
激指し7段+との8枚落ち戦の紹介
激指し7段との2枚落ち、8枚落ちの2局でした。 慣れが必要だと感じました。 公文式ドリル123をやりつつ、ソフト相手にどんどん指して下さい。 コーチングではドリルのわからない所の説明と、ソ...
ぴよ将棋との2枚落ちから飛車落ちへ
2枚落ちは及第点をあげられます。 特に、王の逃げ方や相手の攻めのいなし方などは実力以上になってます。 後はレベルを少しずつあげて、指すことと、平手、角落ち、飛車落ちをレベルを変えて指して見て...
公文式2へと6枚落ち開始
公文式2は、ほぼ終了ですね。言葉を覚えることが、将棋を少しずつ、理解する助けに後でなります。 これからは、ぴよ将棋との実戦を混ぜながら進めることになります。
ぴよ将棋との2枚落ちから飛車落ちへ
2枚落ち2局と試しで飛車落ちでした。 2枚落ちでの玉さばきはだいぶ慣れてきました。 細かい注意ができるようになると強力な武器になるでしょう 飛車落ちは平手の感覚が必要になります。 合間...
ぴよ将棋との2枚落ち
いつも通りに3局拝見しました。 中飛車から5筋の崩しは慣れてきました。 後は上手の無理攻めを適切にとがめ、切れさせることをマスターできればですね!

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計82件

一道の将棋教室 ページ先頭へ