趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

アラカルト
アラカルトで 1 相三間飛車 -38銀とあがれる条件は -同形を維持する 2 相中飛車 -同形を維持する 3 対抗型 -銀の動きに注意 引き角に角をかわす 最悪歩を...
激指し7段+との2枚落ち、飛車香落ち戦の紹介
テーマは位取りとしました。 5筋位取りを中心として 2枚落ちは、5筋6筋を銀を並べて取り 飛車香落ちは最低限5筋を取り上手の陣形を見ながら6筋位取りも狙います。 1 位を確保するまでは、...
必死ということ
・手筋集から 相掛り ・詰めよと必死 諺みたいなもの 金頭の桂 定石なり 王の腹から銀を打て(尻からもあり) 挟撃(待ち駒) ・2枚落ち 自然に、囲いは左美濃 ・上達法 詰...
囲いの復習と振り飛車
1 囲いの復習 矢倉 金矢倉、銀矢倉、凹み矢倉、銀立ち(凸)矢倉 片美濃、美濃、高美濃、銀冠 矢倉の途中として蟹囲い 2 振り飛車 角道は止める(66歩または44歩) 相手...
ぴよ将棋との飛車落ち
上手の45歩、44角、54銀、33桂馬の理想型でした。 早い25桂馬跳ねには端歩を受けるのがポイントです。あとは無理攻めを責める態度が必用です。 山田式だと39銀を動かさないで、銀が飛車の下...
ぴよ将棋との2枚落ち
2枚落ちでも平手感覚で序盤を厳しくということで実施しました。 方向性は 居飛車 銀冠です。 銀冠に囲う手順は相手の銀の動きに対応して 左美濃から、86歩、87銀を急ぎます。 右銀は、...
ぴよ将棋との飛車落ち
本定跡(3間飛車)持久戦型 8筋の歩を交換して86飛車と引いた形が基本型となります。 ここからの下手の狙いは 1 67銀と構えて 95歩から94歩と垂らし、端を詰めることです。 場合に...
激指し4段+との平手戦の紹介
将棋の原点 相掛りで78金とせずに24歩と突いてみる 18角変化で後手が、27歩とし同角に67馬とする変化 先手は63角成りとして、後手が89馬と桂馬をとれば 62歩で勝負する。 後手...
ぴよ将棋との2枚落ち
下手居飛車型 上手、22銀、32金で 2筋を上手が頑張る形は 24歩を決め、34銀には36歩を急ぐのがポイントです。結局、上手に22歩とあやまらせれば成功です。 下手の玉は左美濃から銀冠...
ぴよ将棋との2枚落ち
1 実戦はぴよ帝王との2枚落ちでした。 居飛車型で上手の金銀を右辺に釘付けにする指方は良いと思います。 中盤以降、囲いを乱して攻めたのが、やり過ぎとなりました。 序盤でポイントを上げたら、...

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計138件

一道の将棋教室 ページ先頭へ