サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 レッスンノート

一道の将棋教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

勉強の仕方
ぴよ将棋で 2枚落ち、飛車落、平手を並行して毎日指す レベルを調整して 詰将棋を毎日解く 簡単なものを何度も解く 難しいものへの挑戦 以上を飽きが来ないように毎日行って下さい...
ぴよ将棋との飛車落ち
銀冠矢倉引き角戦 引き角から24角に対して、46歩、同角、22歩と謝る形でした。23歩、31銀、22歩成、同銀、24歩まではこの形の定跡型で26歩、同飛車、44角、28飛車、55歩、同歩、でし...
ぴよ将棋との角落ち
雁木組で居飛車型を練習して下さい。 右銀を早く57にあげず、48銀型で雁木組を組みます。攻撃型の理想を25銀型として、2筋、3筋から攻撃して行きます。 57銀型でないので、上手の65歩が空振...
ぴよ将棋との2枚落ち
ぴよ帝王で2枚落ちでした。 4間飛車から、端攻めでしたが、角切りの強きと88飛車と受けた弱気がちぐはぐでした。 5級と仮認定します。 ぴよ将棋の5級と平手、初段と飛車落で普段練習しましょう...
ぴよ太8級との平手戦 4間飛車
先手で4間飛車がテーマです。 相手が角道を開けると66歩と止めます。 飛車先を突いてくると77角とします。 相手が攻めてくるまで、片美濃囲い、美濃囲い、高美濃囲い、銀冠と変化します。 変...
ぴよ将棋との飛車落ち
大駒落ちは真剣勝負という言葉があります。油断大敵ですね。対美濃囲いの場合は、銀冠矢倉から、穴熊を急ぐ必要が有りました。 上手が銀冠だと、堅いので穴熊にするか引き角での角交換を見せないと駄目です...
ぴよ将棋との飛車落ち
銀冠矢倉引き角対美濃囲い 定番の引き角から、24歩、同歩、同角に 紛れで、46歩ときました。 同角、22歩、23歩、31銀、22歩なり、同銀、24歩までは定番です。 26歩、同飛車、44...
ぴよ将棋との角落ち
雁木対腰掛銀、金無双 相手の玉の移動に合わせて飛車先を突くと穴熊には組みにくくなります。32金から潜らなけれならないためです。22銀型ならば金無双なので、兎の耳が急所となります。歩の数が問題で...
ぴよ将棋との飛車落ち
対美濃囲い 1手の無駄なく組むと、24歩、同歩、同角、22歩、まで進みます。 以下、68角と引くのが良い手で次に23歩から龍作りを狙います。 龍ができれば、25龍で角道を開ける手を牽制し、...
ぴよ将棋との飛車落ち
上手美濃囲い 無駄手なく、銀冠矢倉から引き角とします。 上手の、角の動き(銀の動き)を見ながら、飛車先を決めます。 86歩、87銀、78玉の形で76歩と角道を開け様子を聞きます。44歩と角...

一道の将棋教室のレッスンノート ・・・計199件

一道の将棋教室 ページ先頭へ