サイタ趣味の習い事将棋教室 東京 須藤の将棋教室 レッスンノート 将棋を上達させるために

将棋を上達させるために

将棋教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受けてくださり、ありがとうございました!
レッスンの内容をふりかえってみましょう!

【まず大駒を働かせよう】
飛車と角をうまく使うことが、将棋を強くなる上でとても大切です。なので、まず角道と飛車の前の歩を伸ばし、いつでも大駒を働かせられる状態にしてから、王を囲うといいですね。
10枚落ちの場合(先生が、王と歩だけ)、大駒を成って、協力して王を追い詰めれば、すぐ勝てます。
レッスンでも、だんだん速く勝てるようになってきましたね。
【銀と飛車を協力させよう→棒銀】
ただ、平手や、駒落ちでも8枚落ちになっていくと、大駒だけでは勝てません。そこで、攻めに銀を参加させる棒銀をレッスンで紹介しました。それもうまく使いこなしていましたね。この調子で、実戦を積み重ねてください。

【今後、将棋を上達させるために】
1.詰将棋をたくさん解きましょう。読む力がつきますよ。
2.たくさん実戦を積み重ねましょう。そのためのインターネットのサイトでおすすめなのが、「ハム将棋」(インターネットで検索してみてください)。まずはこれに勝てるようにするのを目標にしましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

将棋歴20年、プロの将棋界にも精通。「熱い」レッスンをお届けします!

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! レッスンでは、久しぶりに、将棋倶楽部24の実戦の振り返りを行いましたね。 振り返ることで、課題点を見つけ、それを克服することは、将棋でも大切なことです。 今後とも、バランスよく、将棋上達のためのレッスンをしていきましょう!

レッスンお疲れ様でした! 中盤において 4つの形勢判断の要素 ①駒の損得 ②駒の効率 ③玉の固さ ④手番 のどれを最優先で考えるべきか、その局面局面で考える必要がありますが、 その際に、「リスク」で考えるとよいと思います。 例えば、相手の狙いに、こちらが駒損したり...

レッスンお疲れ様でした。 中盤の考え方は、序盤、終盤に比べて、難しいです。それは、中盤のついて扱った本が相対的に少ないことからもわかります。 それでも、基本的考え方は、4つの形勢判断の要素 ①駒の損得 ②駒の効率 ③玉の固さ ④手番 について、自分に有利になるような手を探して...

レッスンお疲れ様でした。 終盤にて、速度計算を意識すると、優勢な将棋をそのまま勝ちきれる可能性が高まります。 一番基本的なのは、 もしお互い受けに回らず一直線に指した時に、どっちが早く詰むか を考えてみることです。 自分が速ければ、そのまま攻めれば良いし、相手が速いよ.うなら、ど...

レッスンお疲れ様でした。 居角左美濃がこれまでの急戦矢倉と異なるのは、 囲いが美濃に収まり、非常に固いことです。 ですから、矢倉側がこれまでの急戦矢倉と同じ感覚で反撃に回ろうとしても、 結局左美濃側が攻め勝ち易いと言えます。 (居角左美濃が後手の場合) ▲46角と牽制するの...

レッスンノート ページ先頭へ