趣味の習い事将棋教室レッスンノート 一局指してみて/対中飛車対策①/将棋道場について

一局指してみて/対中飛車対策①/将棋道場について

将棋教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、体験レッスンをご受講くださり、誠にありがとうございます。
レッスンの内容を振り返ってみましょう!

【一局指してみて】
感想戦であったように、私の側が劣勢になる変化もありましたね。相居飛車指し慣れている感じがしましたので、このまま将棋に取り組んでいただければと思います。あとは終盤で攻めのターンを奪うことですね。終盤はやはり「手番」ということです。
【対中飛車対策①】
相手が原始中飛車で、居飛車側が後手の場合を見てみました。ポイントを挙げますと
○角道はあえて開けない。3四歩を狙われるから。
○二枚の銀を4ニ、6ニに上がり、金は初期配置のまま。これで中飛車側は5筋を突破できない。
といったところです。
【将棋道場について】
レッスンでお話ししました通り、雰囲気、一見さんの対応、感想戦、持ち時間など様々です。まずは一見にも優しいところにお連れしたいと思いますので、道場デビューを目標に、今後とも是非頑張っていただければと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

将棋歴20年、プロの将棋界にも精通。「熱い」レッスンをお届けします!

須藤の将棋教室
須藤大輔 (将棋)

西日暮里・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・平井・北千住・綾瀬...

レッスンノート ページ先頭へ