サイタ趣味の習い事将棋教室岐阜 昌雄の将棋教室 スクールブログ AIの進化に伴...

AIの進化に伴う将棋界の未来について

 AIと将棋ソフトに関するテーマは、今回で8回目になりました。
このテーマに関しては、一段落ついたので、これで最後にします。
最初に、知らないないことばかりだったので、以下のことについて、調べることにしました。

1.将棋ソフトが飛躍的に進化する要因となった学習法と学習量について
2.将棋ソフトの解析により、なくなった(先手有利の結論が出てしまった)戦法はあるのか
3将棋ソフトからみて、先手と後手とでは如何ほどのハンディがあるのか(先手の勝利期待値は如何ほどか)
4.将棋界の未来について

 1~3は、結論が出ないまでも、調査した内容に関しては、満足しています。
今回はNO4についてです。
「将棋界の未来」とは、私の中では「プロ棋士の存在意義」を意味します。
これほどソフトが強くなった将棋の世界で、プロ棋士の存在意義は一体どこにあるのか。
この難しいテーマに、佐藤名人(当時)が下記の様に答えています。
「『人工知能が人間の強さを上回った。人工知能の方がすごいのではないか』という価値観の転換が起きてしまいそうになると思います。
けれども、人工知能が強さを獲得する過程と人間が強さを獲得する過程は違いますし、同列には語れないものです。
『人工知能の方が強くて人間の方が弱いのだったら、人間にはもう価値がない』のではありません。
評価の軸が違う以上は、その価値観は両立できるし、どちらも別の軸として立つことができると思います」

 私の考えも、これに近いものがあります。
そもそも人工知能も将棋ソフトも人間が創造したものです。
従って、どんなにそれらが進化して、知能で人間を超えたとしても、人間そのものは永久に超えられない。
そして、落胆したり卑下することはなく、これまで通りのままで良い、というのが私の考えです。

 参考本の一節を紹介して終わりにします。
棋士たちがぶつかりあう盤上には、勝負に懸ける情熱や苦悩が集約され、時にはその棋士の人生が垣間見えるような一手も放たれる。
人間同士だからこそ生まれる感情のやりとりや勝負の機微の魅力は、おそらくどれほど人工知能が強くなったとしてもお色褪せることはない。


参考文献

人工知能の「最適解」と人間の選択

 

(2019年11月8日(金) 22:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初心者からプロを目指す方まで。多くのタイトルを獲得した先生が直接指導!

新着記事

 藤井聡太七段が、11月19日に王将リーグ戦で、勝てばタイトル挑戦という大一番に臨みました。 相手は、広瀬章人竜王です。 この時点まで、両者が4勝1敗で並んでいました。 広瀬竜王とは、去年の朝日杯将棋オープン戦の決勝で対戦しており、その時は藤井七段が勝っております。 今回が、二度目の対...

 今回の体験レッスンの生徒さんは、小学1年生の7歳の男の子でした。 実力の程は、まだ将棋を覚えたてで、駒の動かし方が分かる程度とのことでした。 普段は、一緒に見えられたお父さんに教わっているようでした。 将棋の駒と盤は、生徒さんが持参されていたので、それを使わしてもらいました。 駒は普...

 AIと将棋ソフトに関するテーマは、今回で8回目になりました。 このテーマに関しては、一段落ついたので、これで最後にします。 最初に、知らないないことばかりだったので、以下のことについて、調べることにしました。 1.将棋ソフトが飛躍的に進化する要因となった学習法と学習量について 2...

 人工知能と将棋ソフトに関することで、ここ数回に渡り述べてきたことは、アルファ碁やアルファゼロ等の海外のことがメインで、日本における将棋ソフトの歴史については、ほとんど触れていませんでした。 そこで今回は、時系列的に原点に戻り、日本の将棋ソフトの歩んできた道のりについて、説明したいと思います...

 大変興味深い文献があったので、紹介します。 以前のブログで、将棋ソフト アルファゼロ内部では「横歩取りは終わった戦法である」と紹介しましたが、今回はその続きで、先手の勝率に関することです。  現在プロ棋士の先手勝率は52~53%と言われております。 上位の将棋ソフト間では、約57%...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、将棋レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ