サイタ趣味の習い事将棋教室神奈川 楽しみながら強くなる将棋教室 スクールブログ コウの上達法 ...

コウの上達法 憧れの存在とライバルの存在

コウです。

今日は私が上達する上で欠かせない憧れの存在とライバルの存在について。
まずはライバルについて。
私が将棋を始めた小学校の頃は、同じクラスで同じくらいに将棋を始めた同級生がいました。
彼に勝ちたくて将棋の戦法を勉強して、矢倉を覚えた記憶があります。
※彼は四間飛車だったので、矢倉ではダメだったんですが(笑)
大学時代は、将棋研究会の仲間達がライバルでした。
毎日10秒将棋をいっぱい指したり、大会に出たりとして腕を磨きました。
この頃に多くの戦法を学び、今の土台になっていると思っています。
そして最近では、アマ三段の父を超えようと勉強を続けています。

ライバルはこれから将棋を始める方には中々難しいかもしれませんが、
それに変わって憧れの存在を作る事が良いと思います。

私が社会人になってから長いブランクを経て、2015年からまた将棋を勉強し始めたのは
憧れの棋士の存在があったからです。
それは、室谷由紀女流初段(当時。現谷口由紀女流二段)です。
タイトル戦に2度挑戦し、今期もタイトル戦挑戦の可能性がある美人女流棋士です。
初めて指導対局を受けた時は手が震えてうまく駒が持てなかったです。
当時、飛車香落ちで習ったのが、昨日は香落ちと、
3年間で飛車1枚分強くなったっていう話を谷口先生としてきて上達を実感してきました。
いつかは平手で勝てるようになりたいと思っています。

また、今の憧れの存在は、久保王将と菅井王位の2人です。
同じ振り飛車党のタイトルホルダーと言うことで、2人の定跡書をたくさん買って
勉強しています。いつかお会いして指導を受けたいと思います。

今回長くなりましたが、憧れの存在を作ることから入るのも良いと思います。
「プロ棋士カラー名鑑」や「将棋年鑑」などの書籍で棋士の先生を知る事ができます。
良かったらご参考になさってください。

コウの上達法 憧れの存在とライバルの存在

(2018年8月26日(日) 20:03)

前の記事

次の記事

新着記事

コウです。 私が子供の頃、駒の動かし方を覚える前にやっていた遊びを思い出しました。 「山くずし」「はさみ将棋」「回り将棋」です。 その中でも「はさみ将棋」は、将棋の基礎となる点が含まれていて 意外と勉強になるなぁと思いました。 簡単なルールながらも、相手の手を読むベースが...

コウです。 やはり、道具を大切にすることも、上達への道だと思います。 今日は駒磨きをしました。 駒を磨く際は、椿油を少量つけてガーゼで磨いています。 多分あってると思うんですが、今度専門家に教えてもらおうと思ってます。 綺麗な駒で将棋をすると、気持ちが引き締まると言うか・・・...

コウです。 初めて将棋会館以外の将棋専門店に行ってきました。 なぜかと言うと、自分の駒が欲しい!って思ったからです。 実は今使っている駒は、私の父親から借りている駒で(20年近く借りっぱなしですが)、すごく良い色合いで珍しい書体で、将棋を習いに行くときは必ずと言っていいほど持参し...

コウです。 今回は、私の趣味・特技をご紹介したいと思います。 と言うのも、実は結構多趣味で、一番の趣味は将棋なんですが、 それ以外にも色々な話ができれば・・・と思っています。 まずは野球。観るのもやるのも好きです。 高校時代は硬式野球部に所属し、3年間はみっちり野球漬けでした...

コウです。 今日は、自分でも苦手な分野のお話しです。 将棋は、相手の王様を詰めるゲームです。 相手の王様を詰める手順を身につけるためには、詰将棋をたくさん解いて覚えることが近道です。 初心者の方も駒の動きを覚えたら、1手詰めから3手詰めぐらいの詰将棋をやるとグンと力が伸びると思...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、将棋レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ