サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ ソフトを使った...

ソフトを使ったトレーニング

将棋ソフトを使ったトレーニング
2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。
今多用しているのが5筋位取りです。
5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。
昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別)
そこにメスを入れて見ました。
2枚落ち
上手の62銀には56歩がオープニングです。
飛車落ち
上手の34歩にも56歩
角落ち
上手54歩に54歩
香落ち
上手34歩に56歩
すべて下手は初手56歩とするのがみそです。
ただ、角落ち、香落ちでは5筋位取りにはなりにくいです。
それぞれ5筋に銀を使い、中飛車にはせずに居飛車で戦います。位を意識して、取れれば持久戦志向とするのが肝心です。
お試し下さい。

ソフトを使ったトレーニングソフトを使ったトレーニングソフトを使ったトレーニング

(2017年11月18日(土) 9:24)

前の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、将棋レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ