全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ ソフト指しの疑...

ソフト指しの疑惑について

「ソフト指しの疑惑について」
ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。

私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。
レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝しているし、1000勝100敗程度の通算成績だったこと、時間設定を持ち時間7分、一手7秒設定としていたためですね。
年寄のため、考えないと指せない理由と、もともとの棋風がソフトに近い感じだったためだと思われます。
公開で指していたので、結構人気があって50人ぐらい観戦しているし、時々「監視人」みたいな人が観戦していましたね。
悪意の人が数人いて、それが嫌でここ数年参加していません。(あと、短時間の勝負だと血圧が上がってしまう?理由もあります。)今は将棋ウオーズでたまに指す程度です。
 今回の問題は、疑いをかけられた方が、通信記録を開示して「通信を行っていない」ことを示せば済むことだと思います。誰かと相談したりするのは、江戸時代まで、ある意味では合法的だったことでもあり、後出しですが「外出禁止」以外は防ぐことはできません。音声電話で、だれかに聞くのも現時点では合法範囲です。(携帯持ち込み禁止であって、電話禁止ではないですから。)

けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。
その他の議論は不要と思いました。

 

(2016年10月19日(水) 10:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

五反田・上野・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵小山・...

ブログ記事 ページ先頭へ