サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 激指名人(7段...

激指名人(7段+)と角落ちで戦う(その二)

「角落ちは互先に等しい」という言葉もありますが、角落ちというよりも銀冠対居飛車穴熊の戦いとなっています。ただし、平手ではあまり振り飛車側が選択しない超持久戦を多用しました。最有力の形は、振り飛車側の45位取りでした。上手に角があれば、突出場所があるとことが、居飛穴側にポイントを与えることにもなりますが、なにせ角がなく、相変わらず上手側が手詰まりとなります。
上手側の選択肢は63銀から、6筋位取りか、53銀、64銀から、73桂、場合によっては、65桂で下手の攻めを待ち、カウンター狙いとなります。下手はとにかく、最善のタイミングで仕掛けることが最重要となります。
仕掛けは48角、19飛車型で45歩から35歩として端攻め1点で、上手は86歩から66歩、67歩で8筋を突破する狙いとなります。攻める方向が真逆なので、どう考えて下手が有利ではありますが、そこは7段+で、下手の弱気を誘い、19飛車や68角を移動させ端を緩和してきます。
78筋の攻めを遅らせながら、端の受けが効かないように細心の注意を払って攻めれば勝ちとなります。
穴熊の香車が13となり、12歩から玉を穴から出せば、ほぼ決まりとなります。角や桂は受けに役立たないので、角と銀、桂馬と香車との交換がねらい目となります。

激指名人(7段+)と角落ちで戦う(その二)激指名人(7段+)と角落ちで戦う(その二)激指名人(7段+)と角落ちで戦う(その二)

(2016年9月21日(水) 11:46)

前の記事

次の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

ブログ記事 ページ先頭へ