全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 激指名人(7段...

激指名人(7段+)と飛車落ちで戦う(その一)

ふとしたことから、飛車落ちの研究をしようと思い立ちました。
1つには、激指4段との平手戦が少しマンネリ気味になったことがあります。
※升田式石田流または相振り飛車ばかりの戦型(私が)
もう1つの理由としては、年末に「樹林」に出かけて、プロ棋士との指導対局を受けてみようか?ということがあります。
※そのとき、手合いを定める訳ですが、免状は4段(47年前?)なので「2枚落ち」というのも、少し恥ずかしいので「飛車落ち」でお願いしますとなりそうな予感があります。
30代のころは、果会で、伊藤果プロと角落ちまで行ったし、奨励会の級位者には負けなしだった訳です(立派な4段?)が、それから30年間、明らかにすごく弱くなってる訳です。
そこで、戦型を決定しようとして、ためしに指しています。
①右4間
 子供の頃の苦い経験もあり、勝ち難い。どちらかと言うとプロ側の経験値が豊富でなかろうか?裏定跡も多種多様で変化も、少ないように見えて多そうです。かつ、居飛車の感覚が必要なので、純振り飛車党の私には合いません。
②振り飛車
 定跡はまず確立していないので、経験値で劣ることはないし、今から私の「激指7段+」との対戦経験が生きるはず。振り飛車党の私には違和感がない。

ということで、振り飛車を選択しました。まずは、34歩、76歩、44歩、66歩のオープニングで戦っています。平手の相振り飛車と同様の序盤で、相手に飛車がいないので、攻められる心配はありません。上手は美濃・金美濃・無双金で54銀型が多く、こちらは向飛車から7筋位取りで76銀型、39玉美濃囲いとなります。
結構面白い感じで、終盤は大熱戦となります。7段+は良く考えますね!
結果その他はまた後日書いてみたいと思います。

 

(2016年8月16日(火) 11:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

新橋・五反田・上野・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵...

ブログ記事 ページ先頭へ