全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室大阪 日本将棋連盟公認 西村幸喜将棋教室 スクールブログ あなたの好きな...

あなたの好きな将棋の駒は何ですか?

 こんばんは。将棋コーチの西村幸喜です。
 今日は、将棋の駒についての余談です。

 皆様もご存じのとおり、将棋の駒は、玉将(ぎょくしょう)、飛車(ひしゃ)、角行(かくぎょう)、金将(きんしょう)、銀将(ぎんしょう)、桂馬(けいま)、香車(きょうしゃ)、歩兵(ふひょう)の8種類ございます。また、玉将は、玉将と王将(おうしょう)があります。
 玉将と王将は駒の能力としては同じですが、主に玉将は先手(先に指す)、王将は後手(先手の後に指す)の意味がある点で異なります。他にも玉将は下手、王将は上手というものがあります。下手と上手の基準は、例えば、段級位の上下であったり、年齢の高低であったり、将棋歴の長短であったり様々です。

 これらの駒の動きにはそれぞれ特有の能力があり、それぞれ特徴的な動きをし、かつ、個性的な役割を盤上で演じてくれます。そして、この特徴や個性は、時に話の中で人の性格に置き換えられたりします。例えば、猪突猛進な性格の人は「香車っぽいなぁ」と言われることがあります。

 ただ、どの駒が良くてどの駒が良くないとか、そういったものではございません。
 全ての駒に特徴や個性がある。将棋というゲームは、こういった特徴や個性を上手に活用し、玉将(王将)を詰ませる(つかまえる)ものだからです。実際、飛車と角行の両方を相手に取られても、有段者相手に結果として私が勝ったことは何度もあります(当然、逆もあります。もの凄く悔しかったです)。

 ちなみに、私の好きな駒は桂馬です。トリッキーというか、桂馬が攻めのきっかけとして働いてくれることが多いからです。
 あと、角行も好きです。遠くから玉ににらみをかけて角行の利き道にある相手の駒を崩していって玉を追いつめる過程が好きだからです。穴熊囲いの攻略にも端攻めと並行して使います。
 共通して言えるのは、固い囲いを破る際に活躍してくれることが経験的に多いと感じている駒という点です。

 自分では、そんなにトリッキーな性格とは思っておらず、むしろ縦(先輩、後輩)にも横(同僚)にもありのままでストレートな性格と思っていますので「飛車っぽい」のかなぁ?と感じていましたが・・・
 将棋になると性格が変わるのでしょうか?

 なお、飛車の裏は「龍王(りゅうおう)」、角行の裏は「龍馬(りゅうま)」になります。
 将棋におきましては、龍馬は「りょうま」とは読みません。歩兵は「ほへい」とは読みません。読み方間違いやすいですね。

 では、今日も楽しく将棋を指しましょう!

 

(2016年8月14日(日) 22:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

親身・丁寧がモットー!駒の動かし方から指導対局まで熱心に指導いたします

日本将棋連盟公認 西村幸喜将棋教室
西村幸喜 (将棋)

門真市・豊中・蛍池・南茨木・桜井・牧落・箕面・山田・千里中央・桃山台・緑地公園・江坂...

ブログ記事 ページ先頭へ