全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室京都 ひろしの将棋教室 スクールブログ 将棋侍と信長

将棋侍と信長


湿り気をたっぷり含んだ空気が、目頭のあたりにまとわりついている。

6月1日の夜更け。
かすかに梅雨の気配を感じるのか、飼い猫の座無座が、しきりに前足の黒毛を舐めている。

ふと気がつくと、見知らぬ部屋にいた。
いつもの悪戯な「時の蔵」に迷い込んだ事を悟った。


「夢駈殿、対局の用意が整いました。上様がご覧になるとの事です」

森蘭丸と名乗る若侍にあないされ、広い座敷の部屋に移った。
中に入ると同時に、激しい視線が拙者を貫いた。

「信長である。究極の勝負が見たい。始めるがよい」

将棋盤の前には、見覚えのある姿があった。
軽く頭を下げて、僧侶姿の村山聖八段が静かに座っている。

嗚呼、聖八段、一期一会の出会いが嬉しいでござるよ。


数時が過ぎ、静まりかえった空気の中、将棋は最終局面を迎えていた。

自陣は、必死に追い込まれた。

盤に駒が舞い、攻防の果てに、なぜか見慣れた駒の配置が現れている。

大道詰将棋の「七ばけだ!」
あと数手で詰みそうだが、
中合いの角、さらに角の中合いの連続で、玉がするりとかわす。
だが、大道詰将棋屋の拙者には、長手数の詰みが見えていた。

静かに村山聖八段が頭を下げた。

「デアルか。
良きものを見た。
両名共、今宵はこの本能寺でゆるりと過ごすがよい」

いつの間にか、座無座が
膝に乗り、しきりに拙者を見上げているのだが…

将棋侍と信長

(2016年4月5日(火) 6:35)

前の記事

この記事を書いたコーチ

500人以上教えて有段者も輩出!全くの初心者や女性も歓迎の優しい先生

ひろしの将棋教室
黒澤洋志 (将棋)

京都・丹波口・二条・三条・河原町/四条・七条・深草・丸太町・烏丸御池・京都市役所前・...

ブログ記事 ページ先頭へ