サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 詰将棋の創作

詰将棋の創作

55年も将棋を指していて、詰将棋を作ったことがありませんでした。
今年(2015年)になって、会社の社内報に載せる詰将棋の相談が総務部からあり、簡単に引き受けてしまったことが、苦しみの始まりでした。取りあえず、「会社東証一部上場」記念なので一の字の詰上がりにして、逆算方法で簡単に作れると思ったのが運のつきでした。全然できなくって(才能がない!)、将棋ソフトまで購入して、本を読み漁って、「詰パラ」のレベル1からレベル5までを暇を見つけて解きまくりました。やっとできたのが、「たどり来て」と題した1号作品です。(今みてもかなりひどい!)、続けて11作品まで3か月で作成しました。
2号作品は「空き利用」としてスマホ版「詰パラ」に投稿して初めて採用されたものです。
創作歴3か月の初心者ですが、心配ごとは余詰と類似作です。
「詰パラ」では、不詰、同一作のチェックがあり、スタッフが余詰のチェックをしてくれます。残りの類似作は掲示板で指摘されるのでちょっとショックを受けることになります。
調べれば、簡単な方法も(類似作)世の中にありそうですが、まだ調べていません。
何が類似かということもあり、難しい問題ではありますが?

詰将棋の創作詰将棋の創作

(2015年11月18日(水) 14:02)

前の記事

次の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、将棋レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ