全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室大阪 日本将棋連盟公認 西村幸喜将棋教室 スクールブログ 詰将棋や必至、...

詰将棋や必至、次の一手の問題で悩んだときは?

 こんばんは、将棋コーチの西村幸喜です。
 今日は、将棋の棋力向上の基本ついてお話しします。

 棋力向上の基本として、大きく3つございます。まずは、その3つについてご説明いたします。

①詰将棋(つめしょうぎ)
②必至(ひっし)
③次の一手(つぎのいって)

 ①は、王手を連続させて、最終的に次の手で必ず王将をつかまえることが出来る状態(「詰み」と言います)にするパズルゲームみたいなものです。
 ②は、「あなたが勝つには次の手から一手も空けずに私の玉を連続王手で詰ませるしか方法が無い」、つまり受けがきかない状態にしたという一手です。
 ③は、次のどの手が自分にとって有利(相手にとって不利)になるかの最善手を指す問題です。

 棋力向上に詰将棋や必至、次の一手の問題をこなすことは大変有効です。これは今も昔も変わっていません。
 出題される問題には、当然簡単なものもあれば難しいものもあります。例え難しくても時間をかけてクリアできる問題もあります。

 しかし、どれだけ考えてもクリアできない問題もあります。このような壁にぶつかったとき、ここで諦めますか?
 いえいえ、諦めず頑張ってクリアしてみて下さい。少し間を置いても構いません。気分転換にこの問題を後回しにして他の問題を先に取り組んでも構いません。ヒントを貰っても構いませんので、時間がかかっても最終的に「自力でクリアする」ことが上達への近道です。
 大切なことは、とにかく考えて考え抜くことです。プライベイトレッスンでは、ヒントやケーススタディを通じて豊富な考え方を身に付けていただき、自力でクリアできる力を楽しみながら養っていこうと思っています。「自力でクリア」できたときの嬉しさは、それはもう最高です。

 もし、詰将棋や必至、次の一手の問題を今まさにされていて壁にぶつかっているアナタへアドバイスです。
 盤面を上下ひっくり返して、「これやられたら嫌やなぁー」と感じる手を考えてみます。つまり、相手の目線で読むことです。
 これで比較的すぐにクリアできる問題って意外と多いのです。私も詰将棋や必至、次の一手の懸賞問題を考えるときに使うテクニックです。

 では、今日も楽しく将棋を指しましょう!

 

(2015年9月28日(月) 22:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

親身・丁寧がモットー!駒の動かし方から指導対局まで熱心に指導いたします

日本将棋連盟公認 西村幸喜将棋教室
西村幸喜 (将棋)

門真市・豊中・蛍池・南茨木・桜井・牧落・箕面・山田・千里中央・桃山台・緑地公園・江坂...

ブログ記事 ページ先頭へ