全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室愛知 中山将棋塾 スクールブログ 12月7日NH...

12月7日NHK杯 ▲佐々木勇気 対 △大石直嗣

今回は、佐々木大石戦です。

戦型は、先手が早石田流で、後手が中飛車左穴熊でした。

この中飛車左穴熊は、私もかなり使います!(^^♪

早石田に対して、単純に居飛車で飛車が8筋のままですと、なかなか固い穴熊にできません。穴熊に組んでいる途中で、戦争になってしまい、穴熊党としては、あまり好ましくない展開になってしまう事が多いのです。(その理由は難しいので、ここでは割愛させて頂きます。)

しかし、この中飛車左穴熊は、比較的安全に穴熊に組めるので、私は、なかなか良い戦法だと思っております。(^^)v

でも、この中飛車左穴熊は、攻めを繋いで行くのが難しい・・・
なぜなら、左側の囲いの方にかなり駒が偏っていて、攻めに使える駒が少ない為です。

まぁ、押さえ込まれたり、受けきられたりしたら終わりなのです。(笑)

残念ながら本局も受けきられて負けてしまいました。(^_^;)

その決定的な手がこちら↓
局面図
写真は、先手が▲3六飛と打った局面です。

持ち駒の飛車をこんなところに打つなんて思いませんよね。(笑)

いやいや、これは困りましたね。

本譜は、
▲3六飛 △5七香成 ▲4六飛 △5八成香 ▲5五角 △4九成香 ▲同銀 と進みました。

ふと思ったのですが、香車ではなくて、角から行ったらどうですかね?

つまり、
▲3六飛 △5七角成 ▲同銀 △同香成 ▲5五角 △4八銀 とかです。

あんまり変わらんかー・・・

いやー、いつも後手を持って指すので、勝って欲しかったです。(T_T)/~~~

12月7日NHK杯 ▲佐々木勇気 対 △大石直嗣

(2014年12月8日(月) 2:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門将棋部で部長を務めた現役大学生棋士が、あなたの良き対戦相手に

中山将棋塾
中山翔太 (将棋)

名古屋・金山・鶴舞・千種・八田・神宮前・栄生・栄・七宝・中村日赤・伏見・新栄町・今池...

ブログ記事 ページ先頭へ